先端技術研究所、エンドツーエンド変更自動化製品の新版を公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


先端技術研究所、エンドツーエンド変更自動化製品の新版を公開


掲載日:2014/10/31


News

 有限会社先端技術研究所は、イスラエルのTufin Software Technologies社のエンドツーエンド変更オートメーション「Tufin Orchestration Suite」の新バージョン「R14-3」を公開した。

 「Tufin Orchestration Suite」は、統合ファイアウォール管理「SecureTrack」と、ネットワーク変更オートメーション「SecureChange」、アプリケーションコネクティビティ管理「SecureApp」のスイートとして構成されている。

 今回の新バージョンでは、Check Point/Cisco ASAファイアウォール/Cisco IOSルータ/Juniper SRXファイアウォールのエンドツーエンド変更オートメーションに対応した。リスク/コンプライアンス分析や、トポロジーベースのパス計算/ターゲットのファイアウォール選択、ネットワーク変更デザイン、自動的にプロビジョン承認されたファイアウォール変更といった新機能により、最初のアクセス依頼からネットワーク変更ライフサイクル全体で、デバイスのネットワーク変更をオートメーション化できる。これにより、ネットワークセキュリティレイヤでのSDN(ソフトウェア定義ネットワーキング)同等の機敏さが可能になった。

 Palo Alto Networksの次世代ファイアウォールのアプリケーション識別フローを自動的に検証することで、よりスマートなポリシーデザインや、スリム化された変更管理が可能になった。また、オートメーション化された“PCI DSS”(クレジットカード業界のセキュリティ基準)監査レポートが、最新版“PCI DSS 3.0”対応にアップグレードされた。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

NetCrunch(ネットクランチ) 【情報工房】 「SD-WAN」だけではない、技術者が真っ先に取り組むべきネットワーク課題とは 【ヴイエムウェア+他】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】 BGPの限界を超える 大規模通信障害時にも威力を発揮する“最適経路選択”技術 【インターナップ・ジャパン】 大規模通信障害時こそ差がつく リスクを抑えるプロバイダー選び4つのポイント 【インターナップ・ジャパン】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
中小規模ネットワーク向けの統合型監視・管理ツール。グラフィカルなインターフェースと直感的な操作方法が特長。エージェントレスなので簡単導入が可能。 「SD-WAN」だけではない、技術者が真っ先に取り組むべきネットワーク課題とは iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。 BGPの限界を超える 大規模通信障害時にも威力を発揮する“最適経路選択”技術 大規模通信障害時こそ差がつく リスクを抑えるプロバイダー選び4つのポイント

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058561


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ