アンドール、機械系汎用CADソフトの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アンドール、機械系汎用CADソフトの新版を提供


掲載日:2014/10/30


News

 アンドール株式会社は、Windows Vista/7/8/8.1対応の機械系汎用CADソフト「EASY DRAW Ver.19」の提供を11月1日に開始する。

 「EASY DRAW」は、簡素な操作性を備え、製品品質に優れたCAD。今回の「Ver.19」では、マウス操作性の向上を中心に、PDFファイルへの登録、線・円・削除修正の機能強化などが行なわれている。また、EASY DRAW図面を、PDF/BMPなどの画像ファイルに一括変換できる新オプション「画像変換アプリケーション」が発売される。

 上書き登録が拡張され、読み込んだ図面と同じバージョン形式で保存でき、バージョン違いの「EASY DRAW」でデータを運用している場合に利用できる。また、図面からPDFファイルを登録でき、図面サイズやカラー/モノクロの変換を行なえる。

 新機能のジェスチャー機能では、ワイドモニタや2つのモニタを並べて広い画面で図面作図する際にコマンド選択が遠い場合、使い勝手の向上を図れ、マウスホイールを押しながらマウスを上下左右に移動させることで、その方向に割り付けた属性変更などのコマンドを起動できる。また、十字線を作図する際に利用できる機能が搭載され、矩形指定で、中心線を作図できる。

 「CADSUPER SX」に搭載されていた、円の直径を指定して円を作図できる“円の拡張”が追加されている。削除修正が拡張された“交点削除”では、指定した線や円(円弧)をその交線のあるところまで削除でき、一括で複数要素も削除できる。交線がない場合は要素そのものを削除できる。また、“レイヤ内削除”では、指定したレイヤ内の要素を削除できる。

 寸法線が拡張された“倍片矢”では、片矢の直径寸法線が作図できるほか、“公差”では、作図した寸法線に、はめあい公差【軸公差・穴公差】(H7、js7、k5、m5、S7など)を付加できる。また、一括でグルーピング指定した文字や寸法文字を削除できるほか、標準のマウスホイールの割り付けを変更でき、ホイールアップ/ダウンで、ズームアウト/ズームインを行なえる。

 オプションの「EASY DRAWコンバータ」では、旧バージョンの「EASY DRAW」の図面ファイルもAutoCADのデータ形式に変換でき、「AutoCAD 2013」のデータ形式(Release27)にも対応している。また、新オプションの「画像変換アプリケーション」では、「EASY DRAW」の図面を、PDF/BMP/TIFFなどの画像ファイルに一括変換できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058548


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ