ゾーホージャパン、統合監視ソフトの新版で描画機能などを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ゾーホージャパン、統合監視ソフトの新版で描画機能などを強化


掲載日:2014/10/30


News

 ゾーホージャパン株式会社は、サーバ/ネットワーク統合監視ソフト「ManageEngine OpManager」の新版「リリース11.4」の出荷を開始した。

 「OpManager」は、仮想サーバ/物理サーバ/ネットワーク機器/Syslog/イベントログを統合的に運用監視できる。カスタマイズ性の高いマップ機能とレポート機能を備え、複雑なサーバ/ネットワーク環境やインターフェースの構成と状態を可視化できるほか、障害/性能管理機能も備え、運用管理業務の負荷の軽減を支援する。

 今回の新版では、自動でネットワーク構成を描画する“トポロジーマップ”でレイアウトを選択できるなど、描画機能が強化された。また、作成したトポロジーマップをMicrosoft Visioへエクスポートできる。

 ドラッグ&ドロップの簡単な操作でネットワーク構成図を作成できる“ビジネスビュー”や、3D表示でデータセンターのサーバーラックを可視化する“3Dサーバラックビュー”、定形の障害1次対応を自動化する“ワークフロー”の作成で、JavaScript使用に仕様が変更され、インタラクティブなこれらの機能の安定性向上が図られている。

 サーバ/ネットワーク/ストレージアクセス/仮想化を密接に結合したシステム「Cisco Unified Computing System(UCS)」とそれを構成するコンポーネントを、Cisco UCS XML APIを使用して監視できる。


出荷日・発売日 2014年10月28日 出荷
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

必要だけど荷が重いシステム運用管理 他の企業はどうしている? 【東日本電信電話】 ヒューマンエラーをなくし、業務効率も高める画期的な運用自動化ツール 【株式会社日立製作所、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社】 OSSによるインフラ構築の悩みを解消し、アプリ開発に専念する秘策とは 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
必要だけど荷が重い“システム運用管理” 他の企業はどうしている? ヒューマンエラーをなくし、業務効率も高める画期的な運用自動化ツール オープンソースソフトウェア(OSS)がさまざまなシステムの基盤として使われているが、OSS同士の相性に起因する問題は解決が難しい。頼れる専門家はいないだろうか。 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058540


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ