NEC、デイコムと共同で農業ICTソリューションの実証実験を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、デイコムと共同で農業ICTソリューションの実証実験を実施


掲載日:2014/10/29


News

 日本電気株式会社(NEC)は、オランダDacom(デイコム)と共同で、デイコムの農業ICTソリューションを活用した実証実験を、ルーマニアのじゃがいも農場で実施したと発表した。

 同ソリューションは、農場の温湿度や風向・風速などを測定・収集する環境センサと、収集したビッグデータを分析するソフトウェアで構成されている。環境センサには気象センサ(気温・湿度・風速・風向き・降雨量・日照時間)や土壌センサ(水分量・地温)があり、これらを農場に設置し24時間365日にわたって計測した環境データ・現地の気象予報・過去数年の栽培履歴などを、インターネットを通じてコンピュータ上に集約する。

 これらのデータは、現地の農作物成長率や肥料・殺虫剤・吸水などのモデルと照合・分析されて、農作物の植え付け時期/肥料・農薬・殺虫剤など化学薬品の使用量/農業用水量/気象災害からの保護方法/収穫時期などのアドバイスとして農家に提示される。これにより農家は、農作物の生育状況や気象条件に応じて、栽培プロセスの微調整や、与える化学薬品・水分量などを適切に調整できるようになり、収穫量を最大化しながら低コスト・省資源で農作物を栽培することが可能になると述べている。

 NECはデイコムと共同で、ルーマニア中央部に位置するブラショフのじゃがいも農場において、同ソリューションを活用した実証実験を行なったという。実験の結果、同ソリューションを導入しない農場と比較して、農薬・殺虫剤などの化学薬品の使用量を1ヘクタール当たり最大40%削減することができ、また、形状が左右対称など、高品質なじゃがいもを栽培可能なことも確認できたという。

 NECは今後、同社のビッグデータ分析技術を活用して、デイコムの収集した多種多様なデータを解析し隠れたパターンを発見することで、農業生産に必要な資源の使用量をより抑えコストを低減するなど、同ソリューションを改善する取り組みを進めていくと述べている。また、農業投資を検討する銀行の意思決定支援や、食品取引所への正確な農作物情報提供などを目的に、農作物生産量データサービスについても提供を検討するとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoT導入効果を最大化、データセンターの「シフトレフト」を実現するには? 【日本ヒューレット・パッカード】 事業部門の「勝手クラウド」を封じるための情報シス部門の動き方 【日本ヒューレット・パッカード】 名刺管理とSFA/MAでマーケティングプロセスを確立、ROBOT PAYMENTのツール連携 【サンブリッジ】 Salesforce活用ベストプラクティス:顧客管理&営業プロセス最適化 【サンブリッジ】 Salesforce一体型名刺管理サービスで始める“売れるしくみ”の作り方 【サンブリッジ】
データセンター運用 垂直統合型システム SFA SFA ファイル共有
IoT導入効果を最大化、データセンターの「シフトレフト」を実現するには? 企業におけるデジタル変革の議論の中で頻繁に議題に上がるのが「動きの遅い情報システム部門」排除論だ。果たして情シスは絶対悪か。批判の背景から問題の打開策を考える。 名刺管理とSFA/MAでマーケティングプロセスを確立、ROBOT PAYMENTのツール連携 Salesforce活用ベストプラクティス:顧客管理&営業プロセス最適化 Salesforce一体型名刺管理サービスで始める“売れるしくみ”の作り方
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058507



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ