採用:ライオン、ログリーのネイティブ広告サービスを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ライオン、ログリーのネイティブ広告サービスを採用


掲載日:2014/10/28


News

 ログリー株式会社は、同社のネイティブ広告サービス「logly lift」をライオン株式会社が新生活情報メディア“Lidea”に導入したことを発表した。

 「logly lift」は、企業のコンテンツを媒体を介して興味ある顧客へ配信し、ブランドの認知や製品へのニーズの顕在化を支援するサービス。

 ライオンは、新生活情報メディア“Lidea”を10月23日にローンチしたという。先立って実施された同社の既存サイトにおける実証実験において、同サービスが新規顧客誘導率などで優れた数値を達成したことで導入を決定したとしている。

 同実験では、6月末より約1ヵ月間、“ネイティブ広告の気付きと活用方法”“サイトへの流入手法としてlogly liftは効果的か?”をテーマとして、ネイティブ広告の有効性を評価したと伝えている。配信実験では、同社の既存生活情報サイトの中から約50本の記事や動画コンテンツをピックアップし、「logly lift」のPC/スマートフォンのネットワーク媒体からコンテンツ内容や顧客の興味などに基づいて配信を行なって、ネイティブ広告から誘導された顧客と自然流入(Google及びYahoo!)による顧客の比較をしたと述べている。

 主な測定項目は、インプレッション数・クリック数・CTRなどの広告配信での標準的な指標に加え、セッション数・新規率・直帰率・平均PV・滞在時間などの項目を流入元別・デバイス別・コンテンツ別に測定し、これらの項目別の数値より様々な分析を実施したという。

 同社は、同サービスのネイティブ広告配信は、新規率が優れていることに加えて、回遊率(非直帰率)も比較的優れた結果となり、ほかの流入元と比べて顧客との親和性があり、流入動機を喚起させられていると想定できると述べている。また、自然検索流入よりも平均PV・直帰率の数値が良く、サイト内のほかのコンテンツにも波及していることが分かり、質の優れた顧客にリーチできると考えていると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058485


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ