日本HP、SAP HANA向けリアルタイムデータ管理製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、SAP HANA向けリアルタイムデータ管理製品を発売


掲載日:2014/10/27


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、SAP HANAプラットフォームベースのワークロード向け「HP ConvergedSystem」で、リアルタイムデータ管理ポートフォリオの新製品「HP ConvergedSystem 900 for SAP HANA Scale-up Configurations(HP CS 900)」統合型システムを発売した。

 「HP CS 900」では、ミッションクリティカル領域でインメモリDBを構築/活用でき、基幹業務でのビジネスのリアルタイム化を図れる。シングル・メモリ・プールで最大12TBのデータを提供できるSAP認定を取得していて、様々なミッションクリティカルなビジネスアプリケーションに使用でき、レガシーDBからSAP HANA環境へスムーズ/安全に移行できる。

 出荷前に工場内で事前構成し、最適化と検証を済ませることで、システムの注文からインストール、運用までの時間が30日に短縮されている。また、インメモリコンピューティングに適した大容量メモリとスケーラビリティに加え、ミッションクリティカル環境で利用するためのRAS機能が強化されている。メモリ保護や障害分析の機能も向上している。

 ミッションクリティカルなアプリケーションを同一プラットフォームに統合することで運用効率の向上を図れるほか、サーバー/ブレード/フォルトトレラント・ファブリック/筐体を一元管理でき、IT部門スタッフの効率向上を図れる。また、XeonプロセッサE7v2ファミリを使用した6TB/8ソケットと12TB/16ソケットのスケールアップ構成で、システムキャパシティの拡大に迅速に対応できる。

 SAP HANA環境に特化したクラスタリングソフト「HP Serviceguard for SAP HANA」を利用して、システムダウンに関わる障害発生時に待機サーバーへリアルタイムで切り替えられ、システムの可用性を向上できる(12月から対応予定)。

 また今回、データ容量に合わせて拡張できるスケールアウト構成で、2TBから最大96TBまで拡張できる、大規模データ分析に適したプラットフォーム「HP ConvergedSystem 900 for SAP HANA Scale-out Configurations」も発売された。


出荷日・発売日 2014年10月24日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058470


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ