採用:慶應義塾、認証基盤にサイオスの認証システムを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:慶應義塾、認証基盤にサイオスの認証システムを採用


掲載日:2014/10/27


News

 サイオステクノロジー株式会社(サイオス)は、学術認証フェデレーションで使用されているシングルサインオン認証方法Shibboleth用のワンタイムパスワード認証システムを開発し、同システムが慶應義塾で11月より利用開始されるGoogle Appsの認証基盤に採用されたことを発表した。

 学術認証フェデレーションとは、学術e-リソースを利用する大学、学術e-リソースを提供する機関・出版社などから構成される連合体のこと。Shibbolethとは、あるセキュリティ領域での利用者情報を、連合に属するほかの組織へ提供でき、これによって複数の領域にまたがるシングルサインオンを可能にする認証技術のこと。

 慶應義塾では、以前よりGoogle Appsの導入にあたり、認証基盤にShibbolethによるフェデレーション認証の採用が決定していて、Google Appsをはじめ、学内の30あまりのWebサービス間におけるシングルサインオンの構築を目指していたという。また、これらのシステムの中には健康診断や学業成績など機密性の高い個人情報を含むシステムがあるため、学内サイトへのログイン時に使用するIDとパスワード認証にワンタイムパスワードなどを組み合わせた安全性に優れた多要素認証を用いたユーザ認証の導入を検討していたと伝えている。

 今回サイオスは、Google Apps導入のためのシステム構築をサポートすると同時に、Google Appsの認証基盤でワンタイムパスワードを利用できるようにするため、Shibboleth認証用ワンタイムパスワードモジュールとワンタイムパスワード用秘密鍵発行システムを開発し、提供したと述べている。

 同モジュールをShibboleth認証サーバに組み込むことにより、学内サイトへのログイン時にIDとパスワード認証に加え、ワンタイムパスワード認証が使用できるようになるほか、同ワンタイムパスワード認証システムは、個人が所有するiPad・iPhone・Android端末などのスマートデバイスをトークン(パスワード生成機)として利用できるため、ワンタイムパスワード専用のハードウェアトークンの全ユーザへの配布が不要となり、導入コストを抑えられると伝えている。慶應義塾では、コストメリットなどを評価し、今回の採用を決定したと述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 指ハイブリッド認証 【NEC】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 NeoFace Monitor 【NEC】 AXIOLE 【ネットスプリング】
認証 認証 認証 認証 認証
新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058455


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ