日立ソリューションズ、情報の内部漏洩防止ソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソリューションズ、情報の内部漏洩防止ソリューションを提供


掲載日:2014/10/23


News

 株式会社日立ソリューションズは、個人情報/業務情報などが、従業員/関連会社/委託先など内部から漏洩するリスクの軽減を図れる「内部不正防止ソリューション」の提供を開始した。価格は個別見積。

 「内部不正防止ソリューション」では、現状のセキュリティ対策が効果的に運用されているか、対策に漏れはないかなどの明確化を図れる。エンドポイントとサーバーへの対策を中心に、コンサルティングからユーザの現状に適したソリューションの導入/運用/保守までを一元的に提供し、内部不正防止を図るセキュリティ対策のPDCAサイクルを支援する。

 内部不正の対策に求められる“認証強化/ID管理”“監視/監査”“持ち出し制御”“データ統制”の4つの観点から、セキュリティ関連のソリューションがまとめて提供され、ユーザが実施しているセキュリティ対策をベースにして、対策の強化を図れる。

 経験を積んだコンサルタントが、「現状分析サービス」として、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が公開する『組織における内部不正防止ガイドライン』に基づいて設定されたヒアリング項目で現地調査を行ない、必要な対策の明確化を図る。明確になったセキュリティ対策の不足部分に対し、情報漏洩防止ソリューション「秘文」やビジネスコンテンツ活用ソリューション「活文」、ビックデータ利活用基盤ソリューション「Splunk」など、同社のセキュリティ関連ソリューションを組み合わせ、ユーザの業務環境に適したセキュリティ対策が提供される。

 情報漏洩防止ソリューション「秘文」により、スマートデバイスやUSBメモリなど外部媒体の利用や、メールのファイル添付やWebサイトへのファイルアップロードを制御するなど、情報(電子データ)の持ち出し経路に応じた制御を実施する。また、社外へのデータ持ち出し時に、「秘文」による暗号化や、ドキュメント統制システム「活文NAVIstaff」によるIRM(文書ファイルの閲覧や編集権限などを管理/制限すること)を必須にすることで、悪意のある第3者の利用を禁止したり、持ち出された後にも利用できないように制御できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「DLP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DLP」関連情報をランダムに表示しています。

「DLP」関連の製品

機密情報漏洩対策ソリューション SECUDRIVE(セキュドライブ) 【ブレインズスクエア】 ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP 【アルプス システム インテグレーション】 InterSafe DeviceControl 【アルプス システム インテグレーション】 Obbligato 持ち出し制御ソリューション 【NEC】
DLP DLP DLP DLP
「企業の機密情報は絶対流出させない」をコンセプトに開発されたファイルサーバーセキュリティプログラム、デバイス制御などからなる情報漏洩防止ソリューション。 「ファイル暗号化」、「デバイス制御」、「ワークフロー機能」「セキュリティUSBメモリ作成」までトータルな情報漏洩対策を提供。 データの書き出しやネットワーク、プリンターの利用を制御し、データの不正持ち出しを徹底防止する情報漏洩対策ソフト。シリーズ製品との連携で証跡管理が可能。 共有サーバ上の機密データのみ持ち出し(印刷、コピー、メール添付など)を禁止し、機密でない通常データは、いつも通り持ち出し可能で利便性を確保。サービス利用も可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058411


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ