日本ラントロニクス、ポート数増減可能なコンソールサーバを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ラントロニクス、ポート数増減可能なコンソールサーバを発表


掲載日:2014/10/21


News

 日本ラントロニクス株式会社は、モジュール式デザインを採用したコンソールサーバ「SLC 8000」を発表した。

 「SLC 8000」では、時間や場所を問わず対象になる機器にリモートで安全にアクセスし、モニタリング・トラブルシューティングなどを行なえる。8ポートから最大48ポートまで必要に応じてポート数を増減でき、ルーター・スイッチ・サーバーなどの追加や入れ替えを簡単・柔軟に行なえる。ソフトウェアでデバイスポートタイプ(DTE/DCE設定)を設定可能になっている。

 オプションでダイアルアップモデムや携帯電話回線用のゲートウェイが用意されていて、ネットワークがダウンした際にも接続を維持できる。また、自動テストや診断データ収集のためのDUT(Device Under Test)アグリゲーターとして各種テストの生産性向上を図れるほか、Server Technology社のPDUソリューションに接続して電源の統合管理も行なえる。

 SSH/SSLでインターフェースを保護できることに加え、RADIUS・LDAP・TACACS+・Kerberos・Active Directoryといった認証プロトコルをサポートしている。米国のセキュリティ規格であるFIPS140-2に適合するモードを備えているほか、一元管理ソフトウェア「Lantronix vSLM」とシームレスに統合できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

ハイブリッドITで独自の強みを強化、SBIリクイディティ・マーケットのIT戦略 【日本ヒューレット・パッカード】 特別対談:次世代ITで広がる企業の「格差」──SDx時代に何をすべきか 【日本ヒューレット・パッカード】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 イノベーションを加速・持続させる次世代ITインフラの条件とは? 【日本ヒューレット・パッカード】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
ハイブリッドITで独自の強みを強化、SBIリクイディティ・マーケットのIT戦略 特別対談:次世代ITで広がる企業の「格差」──SDx時代に何をすべきか 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
イノベーションを加速・持続させる次世代ITインフラの条件とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058364


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ