パナソニックIS、ソフト開発の国際指標CMMIでレベル4を達成

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パナソニックIS、ソフト開発の国際指標CMMIでレベル4を達成


掲載日:2014/10/21


News

 パナソニック・インフォメーションシステムズ株式会社(パナソニックIS)は、ソフトウェア開発及びシステム開発プロセス能力の成熟度を評価・判断する国際的な指標であるCMMI Ver.1.3の成熟度レベル4を達成したと発表した。

 CMMI(Capability Maturity Model Integration=能力成熟度モデル統合)は、米カーネギーメロン大学のソフトウェア工学研究所(SEI)で開発されたソフトウェア開発及びシステム開発を行なう組織の成熟度を評価するモデル。プロセス改善のモデルとして、様々な企業や組織が採用しているという。CMMIの達成状況を示す成熟度は5段階で表される。

 パナソニックISは、2008年12月にCMMI Ver.1.2での成熟度レベル3を達成し、その後もソフトウェア品質向上を目指し開発プロセスの改善に継続して取り組んだ結果、今回成熟度レベル4を達成したと伝えている。10月現在、公表されているCMMI Ver.1.3での成熟度レベル4の達成は、日本で9社目となると述べている。



関連キーワード

「パナソニック インフォメーションシステムズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 【NetMotion Software】 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】 Windows操作ロボット 「WinActor」 【NTTデータビジネスブレインズ】 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 【キリバ・ジャパン】
ネットワーク管理 その他開発関連 その他開発関連 その他PCソフト関連 会計システム
ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? さまざまなアプリケーションを自動化可能な純国産RPAツール。ユーザー部門でも直感的に操作が可能なGUIを装備。コンパクト設計でスモールスタートにも最適。 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058362



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ