テクマトリックス、VERACODEのバイナリ静的解析サービスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


テクマトリックス、VERACODEのバイナリ静的解析サービスを発売


掲載日:2014/10/21


News

 テクマトリックス株式会社は、VERACODE,Inc.製のクラウド型アプリケーションセキュリティ静的解析サービスを発売した。価格は年額165万円から。

 今回発売されたサービスでは、VERACODEのクラウド基盤“VERACODEプラットフォーム”に、アプリケーションのバイナリコードをアップロードすることで、アプリケーションの静的解析が行なわれ、アプリケーションの重要度に応じた解析結果を得られる。また、テクマトリックスは、VERACODEの解析結果に対して、アプリケーションの改修を支援するサポートを提供する。これらにより、ソースコード診断の高額な費用や、脆弱性診断ソフトウェアなどの購入、高度なセキュリティ知識の習得も不要で、開発段階でのセキュリティ対策を行なえる。

 バイナリコードの静的解析を行なえ、バイナリコードからコントロールフローやデータフローを分析して動作モデルを作成することで、正確に問題点を検出できるほか、サードパーティのライブラリやコンパイラが原因の問題に加え、悪意あるコードやバックドアなどによってバイナリコードレベルで埋め込まれた脆弱性も発見できる。ソースコードという知的財産を非公開にできる。

 クラウドサービスとして提供されることで、ハードウェアやソフトウェアの導入コストや、その運用管理不要で、即座にセキュリティ診断を行なえるほか、Eclipse・Visual Studio用プラグインを利用した開発環境にも統合できる。

 同社のアナリストが、VERACODEの解析結果に基づいて、ユーザのアプリケーション固有の問題に対する改修支援サポートを提供する。Web会議システムを使用した対話型で提供されるため、場所を気にせず、タイムリーなサポートを受けられる(要事前予約/チケット制)。検出された脆弱性によって想定されるリスクやフォルスポジティブの精査など、セキュリティの知見を要する課題についても助言する。


出荷日・発売日 発売済
価格 年額165万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

サイバーインシデント対応演習サービス 【日立ソリューションズ】 標的型サイバー攻撃対策を検討しているCIOやIT部門のセキュリティ担当者 【トレンドマイクロ】 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 【トレンドマイクロ】 ネットワーク/セキュリティ担当者のためのログ分析の基本 【トレンドマイクロ】 標的型攻撃メール訓練 「SYMPROBUS Targeted Mail Training」 【アクモス】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
「標的型メール攻撃で情報が漏えいした」などインシデントの疑似体験を通じてインシデント発生後の判断力や対応力を高めるための演習サービス。主に経営層〜管理職が対象。 新たな攻撃手法も確認。国内標的型サイバー攻撃分析レポート2017年版 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? ネットワーク/セキュリティ担当者のためのログ分析の基本 疑似攻撃メールの送信や結果の集計、レポート作成などをすることで、標的型攻撃メールの対策訓練を実施するソリューション。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058354


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ