ラティス、3Dモデルと点群データを統合するDMU製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ラティス、3Dモデルと点群データを統合するDMU製品を発売


掲載日:2014/10/20


News

 ラティス・テクノロジー株式会社(ラティス)は、軽量3DのXVLと、現物を計測した大容量点群を統合するDMU(デジタルモックアップ)ソリューション「XVL InfiPoints」を10月20日(予定)に発売する。

 「XVL InfiPoints」では、従来は適用が困難だった、古い建造物など3Dデータの存在しないものに対処できる。また、既存工場に大型設備を設置する場合に、計測した工場の点群データ(現実)と3D CADで設計した新しい設備のXVLデータ(仮想)を統合して検証でき、工場に設置できる大きさや、設備と既存工場建屋との干渉を事前に確認したり、新設備の施工手順を3Dのアニメーションで再現して、動的に干渉チェックできる。点群とXVLモデル間の距離計測や統合モデルの断面表示など、様々な検証機能が提供されることで、設計に問題点を早期にフィードバックしたり、設置手順を検討できる。

 例えば、エレベータのリニュアルでは、新モデルを設置する前に、既存の建物の点群データを計測して、古いエレベータの点群モデルだけを削除でき、そこに新しいエレベータの設計モデルのXVLデータを読み込むことで、既存の建物と新しいエレベータ間の干渉確認や、ヒューマンモデルを利用した設置検討を行なえる。デジタルモデルで事前検証することで、エレベータ設置時に現場で起こってきた問題を未然に防止できる。

 また、既存船への新設備の取り付けでは、既存の船体や艤装を計測し、その点群データと処理装置の設計データをXVLとして取り込むことで、設置スペースに干渉せずに新装置を設置できるか、狭いスペースでの設置作業性は良いか、といった検証を、事前にバーチャルで行なえる。

 価格は、ライセンスが500万円、年間保守が100万円。


出荷日・発売日 −−−
価格 ライセンス:500万円、年間保守:100万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058348


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ