ハイパーギア、電子文書変換サーバのOCR機能を強化した新版出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ハイパーギア、電子文書変換サーバのOCR機能を強化した新版出荷


掲載日:2014/10/20


News

 株式会社ハイパーギアは、複合機やスキャナで帳票/伝票をスキャンすることで、指定エリアを自動で読み取り、リネーム/振分けする機能を強化した、電子文書変換サーバ「HGPscanServPlus Ver5.5」の出荷を開始した。価格は48万5000円。

 「HGPscanServPlus Ver5.5」では、書類や帳票を複合機のADF容量分までまとめてスキャンしても、一括で指定エリアの文字やバーコード/QRコードを認識して、ファイル単位で自動分割し、リネーム/振分け登録まで自動化できる。

 更に、OCRエンジンの基本認識精度の向上や、マルチプロセスでのOCR処理の高速化が図られたほか、スキャン時のずれや印刷時の5%程度の縮小/回転などがある場合も、帳票フィールド(四角形の枠)を検知して自動補正でき、OCR処理精度の改善を図れる。CSV出力して、外部システムとも連携できる。そのほか、1次元バーコードの認識でNW7にも対応した。また、車検証などの“透かし”を除去でき、OCR処理精度の改善を図れる。


出荷日・発売日 2014年10月20日 出荷
価格 48万5000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058346


IT・IT製品TOP > PCソフト > OCRソフト > OCRソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ