矢野経済研究所、金融向けソリューション市場に関する調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、金融向けソリューション市場に関する調査を実施


掲載日:2014/10/17


News

 株式会社矢野経済研究所は、国内の金融向けソリューション市場の調査を実施したと発表した。

 調査期間は5月〜9月、調査対象は金融向けソリューション提供事業者で、調査方法は矢野経済研究所専門研究員による直接面談/電話・メールによるヒアリング/文献調査を併用している。

 同調査における金融向けソリューションとは、金融業(銀行・証券会社など)である顧客の抱える、情報システムやそれに付随する業務プロセスの問題・課題を解決したり、要望・要求を満たしたりする製品やサービス、及びその組み合わせを指し、SI(システムインテグレーション)とITO(ITアウトソーシング)、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の3つのサービスで構成されるという。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして2点発表している。1つは、SIとITO、BPOの3つのサービスを合算した、2014年度の金融向けソリューション市場規模(事業者売上高ベース)は、前年度比3.7%増の2兆1796億1000万円を見込んでいるという。金融向けSIサービス市場では、ITソリューションへの投資が拡大傾向にあり、勘定系などのシステムに加え、営業店舗端末などのチャネル系の需要も高まっているという。金融向けITOサービス市場は、顧客接点のマルチチャネル化への対応や業務効率化などを目的としたシステム更改が進んでいるためシステム運用であるITOの需要も拡大傾向にあるとしている。金融向けBPOサービス市場は、NISAにともなうユーザ対応や事務処理などのバックオフィス系BPO業務に加え、生損保会社でも合理化などによる収益構造改革に取り組むところが多く需要が高まっているという。

 2つめは、金融向けソリューション市場では、金融業における業務量拡大によるアウトソーシングの増加や、マイナンバー制度のビジネス活用の本格化、TPPによる外資系企業の金融各分野への参入、東京オリンピック開催に向けた国内金融機関の投資拡大の4つの要因が背景となり、堅調な成長を予測しているという。2012年度から2018年度までの年平均成長率は3.1%で推移し、2018年度の同市場規模は事業者売上高ベースで、2兆4345億6000万円に達すると予測していると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 「データ活用・AI(人工知能)」に関するアンケート 【日本電気株式会社】 クラウド導入に伴う課題に対して企業はどのように乗り越えたか 【株式会社セールスフォース・ドットコム】 GRANDIT 【双日システムズ】 「地図」連携で訪問ルート・時期を最適化、その営業改善策とは? 【富士通】
データベースソフト データ分析ソリューション SFA ERP SFA
専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 抽選で5名様に5000円分商品券★データ活用・AIに関するアンケート 2社の事例から学ぶ、予測困難なビジネスを支えるクラウド活用術 基幹業務に留まらず、ワークフロー、BI、ECなどを標準機能で統合した純国産のWeb-ERP。双日システムズによるアドオンテンプレートの提供も。 「地図」連携で訪問ルート・時期を最適化、アサヒプリテックの営業改善策とは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058311



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ