DNP、日本ユニシス及びPVCと災害時緊急対応システムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、日本ユニシス及びPVCと災害時緊急対応システムを提供


掲載日:2014/10/17


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、日本ユニシス株式会社及びパイオニアVC株式会社(PVC)と、各社のソリューションを組み合わせて災害時に求められる情報の円滑な収集・配信を行なう「緊急対応システム」の提供を開始したと発表した。

 「緊急対応システム」は、DNPのデジタルサイネージ用コンテンツ配信サービス「SmartSignage」と、日本ユニシスのクラウド型危機管理情報共有システム「SAVEaid」、そしてPVCのビジュアルコラボレーション「xSync Prime Collaboration」とマルチタッチテーブル「ディスカッションテーブル」を緊急対応用に組み合わせたもの。同システムは、災害時の情報のやり取りに適しており、平時には、会議での利用や各種コンテンツを発信するデジタルサイネージとして利用できるという。

 「SmartSignage」は、様々なコンテンツをデジタルサイネージに表示する機能をパッケージ化したサービスで、シンプルな操作でデジタルサイネージを運用できる。平常時はニュース・天気予報などの情報に加え、減災に向けた啓蒙情報などをPVCのディスカッションテーブル上にデジタルサイネージコンテンツとして配信できる。緊急時には、緊急地震速報や各種警報などのほか、デジタルサイネージを設置している各拠点に対して対策本部からの避難指示や安否確認などの重要情報などを配信できる。

 「SAVEaid」は、情報の錯綜が予想される発災直後の初動から応急期の災害対策をサポートするシステム。職員の参集状況・避難所の運営状況・被害状況などを収集・見える化し、迅速な意思決定や災害対応を促せる。災害時、被害情報を一元化し、迅速で確実な対応を支援すると同時に職員の安否や参集状況をリアルタイムで把握できる。同システムでは、画面の表示や拠点への情報転送にPVCのディスカッションテーブルを利用する。

 「xSync Prime Collaboration」は、遠隔地間を繋いだビジュアルコラボレーションツールで、災害時は拠点・現場間での情報共有・指示で迅速な意思伝達をサポートする。「ディスカッションテーブル」は、PC機能を備えマルチ画面に対応したタッチパネル式の電子情報テーブル。情報を複数のマルチ画面で表示し、パネルをタッチ操作しながらテーブルを囲んだスタイルでの対策検討や迅速な意思決定を行なえる。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 【NetMotion Software】 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】 Windows操作ロボット 「WinActor」 【NTTデータビジネスブレインズ】 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 【キリバ・ジャパン】
ネットワーク管理 その他開発関連 その他開発関連 その他PCソフト関連 会計システム
ネットワークが切れる、遅い――モバイルワーカーのストレスをMPMで解決 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? さまざまなアプリケーションを自動化可能な純国産RPAツール。ユーザー部門でも直感的に操作が可能なGUIを装備。コンパクト設計でスモールスタートにも最適。 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058304



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ