CES、名刺管理とMicrosoft社のCRMの連携オプションをリニュアル

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CES、名刺管理とMicrosoft社のCRMの連携オプションをリニュアル


掲載日:2014/10/17


News

 キヤノンエスキースシステム株式会社(CES)は、名刺管理サービス「アルテマブルー」と、日本マイクロソフト株式会社のCRMソリューション「Microsoft Dynamics CRM Online」との連携オプションをリニュアルした。

 「アルテマブルー Microsoft Dynamics CRM Online連携オプション」では、顧客の名刺をスキャナでスキャンし、デジタル化された情報を「Dynamics CRM」で利用することで、顧客情報の入力/更新作業の負荷の削減を図れる。

 今回リニュアルされた同オプションでは、まず「Dynamics CRM」上にアルテマブルーエンティティを作成し、取り込み方法に関する連携ルールを設定する。「アルテマブルー」でデジタル化された名刺情報をアルテマブルーエンティティで一旦受け止め、設定された連携ルールに従って利用中の各種エンティティに対し名刺情報の追加/削除/更新を行なえる上、このオペレーションを自動化できる。ルール化と自動化により、顧客情報の登録/メンテナンスが容易になり、運用者の作業の削減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

CRM導入事例:ミキハウス他、カスタマーサポート品質向上の秘訣とは? 【バーチャレクス・コンサルティング】 新規契約取引数30%以上アップ 先進企業は「数十万枚の名刺」をこう使う 【Sansan】 営業組織がデジタル変革を推進すると収益はどれだけ成長するのか? 【日本マイクロソフト】 システム刷新で顧客情報の一元管理に成功、LTVを向上させる顧客との関係構築術 【バーチャレクス・コンサルティング】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】
CRM CRM CRM CRM CRM
CRM導入事例:ミキハウス他、カスタマーサポート品質向上の秘訣とは? 新規契約取引数30%以上アップ 先進企業は「数十万枚の名刺」をこう使う 営業組織がデジタル変革を推進すると収益はどれだけ成長するのか? システム刷新で顧客情報の一元管理に成功、LTVを向上させる顧客との関係構築術 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058302


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ