CES、名刺管理とMicrosoft社のCRMの連携オプションをリニュアル

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CES、名刺管理とMicrosoft社のCRMの連携オプションをリニュアル


掲載日:2014/10/17


News

 キヤノンエスキースシステム株式会社(CES)は、名刺管理サービス「アルテマブルー」と、日本マイクロソフト株式会社のCRMソリューション「Microsoft Dynamics CRM Online」との連携オプションをリニュアルした。

 「アルテマブルー Microsoft Dynamics CRM Online連携オプション」では、顧客の名刺をスキャナでスキャンし、デジタル化された情報を「Dynamics CRM」で利用することで、顧客情報の入力/更新作業の負荷の削減を図れる。

 今回リニュアルされた同オプションでは、まず「Dynamics CRM」上にアルテマブルーエンティティを作成し、取り込み方法に関する連携ルールを設定する。「アルテマブルー」でデジタル化された名刺情報をアルテマブルーエンティティで一旦受け止め、設定された連携ルールに従って利用中の各種エンティティに対し名刺情報の追加/削除/更新を行なえる上、このオペレーションを自動化できる。ルール化と自動化により、顧客情報の登録/メンテナンスが容易になり、運用者の作業の削減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Microsoft Dynamics 365 【日本マイクロソフト】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】 日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 【日本マイクロソフト】 Microsoft Dynamics CRM Online 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM CRM CRM
CRMやERPなどのビジネス機能を1システムで――統合型パッケージの実力は? デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素 「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。
日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 情報共有基盤の刷新で商談計画を可視化、中堅・中小製造業を支えるツールとは?

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058302


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ