サイバネット、ビックデータを類似性で可視化するエンジンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイバネット、ビックデータを類似性で可視化するエンジンを発売


掲載日:2014/10/16


News

 サイバネットシステム株式会社(サイバネット)は、株式会社toorが開発したビッグデータ見える化エンジン「toorPIA(トピア)」を発売した。

 「toorPIA」は、実務担当者でも簡単にビッグデータを見える化し、新しい知見を発見できるエンジン。データの持つ様々な属性を使用してデータ間の類似性をマップ化できる。使用する属性の数は無制限なので、分析軸や仮定が定まらない段階でビックデータ全体を俯瞰できる。

 これにより、膨大なデータの中から分析対象とするデータ層を発見し、データを切り出して他のBIツールなどで詳細な分析を進めることも可能になっている。また、同エンジンを利用することで得られるマップと、時刻情報や位置情報、ユーザ情報などの属性データを組み合わせることで、時間的な傾向や将来予測、局所性や地域性、顧客ごとの傾向などを様々な角度から分析できる。

 MapReduce&KVSエンジン“maguna”により、少ないサーバー台数でも高速にビッグデータを処理できるほか、独自のアーキテクチャによって無制限にクラスタリング処理が可能になった。TwitterやWikipedia、社内文章、特許といった英文・和文情報に加え、POSデータや各種ログ情報、センサが出力する数値データなどの非テキスト情報も解析できる。

 なお、同エンジンはミドルウェアで、データを読み込むためのプログラムや、可視化結果を表示するためのプログラムの作成が別途必要になる。様々なAPIを含む開発キットが用意されていて、ビッグデータ分析に関する専門知識がない開発者でも、ビッグデータの分析アプリケーションを開発できる。動作環境のOSは、DockerがインストールされたRed Hat Linux・CentOSになっている。

 価格は、サポートを含む年間利用ライセンスが初年度310万円、次年度以降は180万円で、オプションの開発キットが初年度510万円、次年度以降は300万円(いずれも1サーバあたり、複数サーバで利用する場合はボリュームディスカウントが適用される)。アプリケーションの開発については要問い合わせ。


出荷日・発売日 2014年10月15日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他データ分析関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他データ分析関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他データ分析関連」関連の製品

次世代 数理計画法システム LocalSolver 【MSI】
その他データ分析関連
メタヒューリステイック・アプローチによって、大規模組み合わせ最適化問題に対して高品質な解を短時間で導き出す、本格的オールインワン数理計画汎用ソルバー。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058287


IT・IT製品TOP > データ分析 > その他データ分析関連 > その他データ分析関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ