マウスコンピューター、マルチタッチ対応23.6型液晶モニタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マウスコンピューター、マルチタッチ対応23.6型液晶モニタを発売


掲載日:2014/10/15


News

 株式会社マウスコンピューターは、マルチタッチ機能に対応した23.6インチワイド液晶ディスプレイ「ProLite T2452MTS-4」を10月15日(予定)に発売する。価格はオープン価格。

 「ProLite T2452MTS-4」は、軽くタッチすることで反応するスムーズな操作性を備えた光学カメラ方式のタッチパネルセンサを採用している。31度のチルト角度調整機能を備え、設置する場所や使い方に応じてタッチしやすい位置調整を行なえる。画面は、8Hの硬化ガラス保護パネルを採用し、表面に傷がつきにくく耐久性や透過率に優れ鮮やかな色再現を行なえる。光学式なので、傷による座標ずれや抵抗膜方式のような打点寿命を回避できるほか、付属のタッチペンに加え手袋や爪などでもスムーズに感知する。

 最大解像度1920×1080ドットのフルハイビジョン表示が可能で、HDMI/デジタル(HDCP機能付きDVI-D端子)/アナログ(D-subミニ15ピン)の3入力端子を備え、アンプ付きステレオスピーカー(2W×2)を搭載している。

 マルチタッチ操作は、Windows 7標準ドライバで動作する(Windows 8タッチには非対応)。モニタ信号ケーブルとタッチ通信USBケーブルを接続することで、タッチドライバのインストール不要で、簡単にマルチタッチ機能を使用できる。また、省エネ/節電機能として3パターンの“ECOモード”機能ボタンを搭載し、消費電力とCO2量の削減を図れる。

 応答速度を2ms(GtoG)まで改善するオーバードライブ回路を搭載し、残像感の少ない動画を表示できる。Advanced Contrast Ratio機能も搭載し、コントラスト比を500万:1まで改善できる(“ECOモード”オンの時は機能しない)。また、アスペクト比固定拡大機能に対応し、入力された映像ソースのアスペクト比が異なる場合に画面縦横比を保ったまま拡大表示できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

働き方改革時代突入、今求められるクライアント環境構築の新しい手段とは? 【横河レンタ・リース】 働き方改革に欠かせないクライアントPCのセキュリティ対策、その実現方法とは 【横河レンタ・リース】 「PCを買う」という当たり前の行為に潜んでいた“これだけの無駄” 【横河レンタ・リース株式会社】
その他PC関連 その他PC関連 その他PC関連
働き方改革時代突入、今求められるクライアント環境構築の新しい手段とは? 働き方改革に欠かせないクライアントPCのセキュリティ対策、その実現方法とは 「PCを買う」という当たり前の行為に潜んでいた“これだけの無駄”

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058257


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ