採用:アウディ、ニュアンスの音声技術とNLU技術を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:アウディ、ニュアンスの音声技術とNLU技術を採用


掲載日:2014/10/15


News

 米Nuance Communications Inc.(ニュアンス)は、10月2日、パリモーターショーにおいてニュアンスの音声技術と自然言語理解(NLU)技術が、ドイツAUDI AG(アウディ)の新型TTロードスターのバーチャルコックピットに採用されたことを発表した。

 新型TTロードスターは、ニュアンスのコネクテッドカープラットフォーム「Dragon Drive!」による音声対応インフォテインメントにNLU機能を搭載したモデル。ドライバーと同乗者は、車載での利用環境に最適化された音声認識と音声合成により、一貫性のある自然な音声対話を行なえ、ドライバーは前方を注視しハンドルを握ったままの状態で車載システムを利用できるようになる。

 ニュアンスのNLUは、利用者との簡単で直感的な音声対話を可能にするとし、今回アウディの新しいHMIコンセプトであるバーチャルコックピットに組み込まれたことで、ナビゲーション・電話・メール・マルチメディアコンテンツなどの操作を自然な発話で行なえるようになったと述べている。ドイツ語と英国英語に対応しており、そのほかの言語も今後追加される予定だとしている。

 なお、エレクトロビット社(EB)が、ニュアンスの音声技術をアプリケーション開発エコシステムに組み込み、EBとアウディの共同所有企業であるe.solutions GmbHが、様々なアプリケーションを総合的なHMIシステムに統合する開発を担当したと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058246


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ