サイレックス、無線デジタルサイネージプレイヤを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイレックス、無線デジタルサイネージプレイヤを発売


掲載日:2014/10/15


News

 サイレックス・テクノロジー株式会社(サイレックス)は、中小規模の広告・情報掲示用途のデジタルサイネージプレイヤ「X-5HM」を発売した。価格は5万9800円。

 「X-5HM」では、無線ネットワークと画像伝送用途に最適化したJPEG XR圧縮をコア技術に、映像・音声コンテンツの同期配信機能を備えたMulticast Distribution System「X-5」に搭載されている映像・音声再生機能“ストア&プレイ機能”が強化されているほか、無線LANを使用したコンテンツ更新や、コンテンツ格納用SDメモリの搭載、複数コンテンツを表示できる4画面分割やテロップ表示機能が追加されている。拡張されたサイネージスケジュール作成・コンテンツ変換ソフト「Media Transporter 2」(無償)とあわせて利用することで、中小規模のデジタルサイネージに求められるセットトップボックス機能が廉価で提供される。

 ARM9エンベデッドプロセッサを採用し、「X」シリーズ製品のハードウェア設計プラットフォームを継承することで、デジタルサイネージの配信・受信端末としての安定的稼働が図られている。また、再生用コンテンツデータの記録媒体として、盗難防止カバー付きのmicro SDメモリスロットを搭載し、コンテンツの定期的な更新も、2.4GHz/5GHz対応の802.11a/b/g/n無線LAN機能対応を利用することで、容易に自在に対応できる。

 また同社は、同製品のリリースにあわせて、デジタルサイネージのスケジュール作成/コンテンツ変換ソフトウェアを「Media Transporter 2」にバージョンアップする。従来機能に加え、テキストスクロールや静止画スクロール、タグ情報を利用した端末のグループ管理など、日常の運用に求められる機能を備えている。プリセットされている画面レイアウト選択(最大4画面分割に対応)など、簡単な操作でユーザが運用できる上、自社のネットワーク環境で運用が完結するシステムを採用している。クラウドサービスを利用しないことを前提にしているため、一般的なデジタルサイネージシステムに比べ、導入・運用コストが低く、トータルコストに優れている。


出荷日・発売日 2014年10月15日 発売
価格 5万9800円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058243


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > デジタルサイネージ > デジタルサイネージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ