EDB、Postgres向けのバックアップ/リカバリツールを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EDB、Postgres向けのバックアップ/リカバリツールを提供


掲載日:2014/10/15


News

 エンタープライズDB株式会社(EDB)は、EDBバックアップ/リカバリ・ツール「BART」の提供を開始した。

 「EDB BART」では、オペレーターエラー、DBの破損や大規模なシステムダウンの際の設定/管理/バックアップ/リカバリのプロセスを自動化するための単一ツールをPostgresユーザに提供することで、PostgresユーザがDBのスケジュール化された、バックアップのためにマスタしなければならなかった一連の複雑なステップとコーディング要件を置き換え、再構築できる。

 複雑なプロセスを簡素化でき、リモート環境でのバックアップとローカルのDBのバックアップを容易に同時実行できる。オープンソースのPostgreSQLとEDBのPostgres Plus Advanced Serverの両方をサポートし、現存のバックアップとリカバリのプロセスを統合できる。

 バックアップとリカバリマネージャカタログでは、ユーザがバック・アップとリカバリに関わった、ローカルとリモートのPostgresサーバーのカタログを管理できるほか、コマンドラインインターフェースでは、ユーザがバックアップ/リカバリ/管理オペレーションを行なえるオプションが用意され、現状のバックアップとの統合を図れる。

 DBのバックアップをシャットダウン不要で行なえ、ユーザは中断を回避して継続的なアクセスを行なえるほか、ポイント・イン・タイム・リカバリでは、ユーザが最後にDBをバックアップした時点からロールフォワードできる。自動圧縮とMD5チェックサム検証では、バックアップファイルを検証でき、縮小したバックアップファイルのストレージとMD5チェックサムの記録を提供できる。また、異なるパス上の複数の表領域をサポートし、バックアップとリカバリがファイル管理ポリシーを順守して、現行のポリシーと互換性を確保できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

数分で仮想マシンをリカバリー、新機能でバックアップ製品を強化 【ベリタステクノロジーズ】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 Arcserve Unified Data Protection 【Arcserve Japan】 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【arcserve Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
クラウド対応はもう当然? 進化したバックアップの機能に迫る 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 クラウド環境へのバックアップ、成否を”占う”ツールとは? 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058237


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ