サードウェーブデジノス、WS向けXeon搭載デスクトップPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードウェーブデジノス、WS向けXeon搭載デスクトップPCを発売


掲載日:2014/10/14


News

 株式会社サードウェーブデジノスは、ワークステーション(WS)向けCPUのXeon E5プロセッサと「NVIDIA Quadro」「NVIDIA GeForce」を搭載し、3DCG製作やCAD業務に適した高性能デスクトップPC「Raytrek HE-X」シリーズを発売した。

 「Raytrek HE-X」シリーズは、新しい“Haswell-EP”コアを採用したことで演算処理能力が向上したWS向けCPU「Xeon E5プロセッサ」を搭載し、マルチスレッド処理に最適化された3DCG制作用アプリケーションなどで、優れた演算能力を利用できる。また、様々な新テクノロジーに対応する「インテルX99チップセット」搭載マザーボードを採用しているほか、高速なデータ転送を行なえるDDR4メモリを最大64GBまで搭載でき、メモリ容量に対する要求が厳しい映像編集などの用途にも適している。SATA 6Gbpsインターフェースが10ポートに拡充されたほか、トータル40レーンのPCI Expressなどを備え、PC全体でのスループットを向上させられる。

 グラフィックスカードに「NVIDIA Quadro」シリーズを搭載したモデルと、DirectX(Direct3D)アプリケーションで優れた性能を提供する「NVIDIA GeForce GTX」シリーズを搭載したモデルが用意されているほか、OSもWindows 7/Windows 8.1がラインアップされ、用途やアプリケーションに合わせて選択できる。

 PCケースや電源など一般用途向けPCと共用できる部品はできるだけ共用することでコストを抑えている。また、SSDやHDD、メモリの追加といった内部パーツのカスタマイズに加え、操作性を向上させられる高性能マウスやキーボードなどの周辺機器、設置の際に必要なLANケーブルなどの各種サプライ品も本体と同時に購入できる。サプライ品も、一般用途向け製品から品質・信頼性に優れたものを厳選して用意することで、低価格化が図られている。

 価格は、グラフィックスにNVIDIA Quadro K4200 4GBを搭載した「Raytrek HE-X K4」が54万9980円、NVIDIA GeForce GTX TITAN BLACK 6GBを搭載した「Raytrek HE-XK」が57万9980円。


出荷日・発売日 2014年10月10日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058236


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ