SBT、Active Directoryに対するセキュリティ診断サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBT、Active Directoryに対するセキュリティ診断サービスを提供


掲載日:2014/10/14


News

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は、企業の認証情報管理に利用されるActive Directoryへの脅威を検出する「Active Directory診断サービス」の提供を開始する。

 「Active Directory診断サービス」では、“攻撃者視点”での診断により、実際に侵入されてしまった後の影響範囲や、発生が想定される事態について、詳細に可視化できるようになる。

 Active Directoryサーバ及び環境に対して、同社のセキュリティ専任エンジニアがネットワーク経由とサーバーの設定情報の両面から問題点の検出を行ない、対策を提示する。実際の攻撃への耐性を内部と外部の両方から検出することで、セキュリティの観点から堅牢な社内システム環境の確立を支援する。

 具体的には、Active Directoryの適用ポリシーやイベントログなど約400種類の設定項目について、攻撃に対して適切な設定となっているかを確認するほか、侵入の糸口となり得る第3者が推測しやすいパスワードが設定されたアカウントを検出したり、推測されやすいパスワードか否かについて同社のパスワード基準を用いた強度判定を実施する。

 また、攻撃者が実際に利用する手法を用いて、ネットワーク上に内在する問題点を検出することに加え、診断対象への不正アクセスを行ない侵入への耐性を調査する。侵入できた場合は被害範囲の特定を行なう。OSやソフトウェアの設定ミスによる欠陥を攻撃し様々な情報の収集を行なうほか、OSやソフトウェアが持つ既知の脆弱性に対して攻撃コードを実施してその影響の調査を行なうサービスも提供される。

 要望に応じて内容や回数は自由にカスタマイズでき、価格は1回のスポット対応で、1ドメインコントローラ、100ユーザまでの診断の場合が98万円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

サイバー攻撃分析サービス 【日立ソリューションズ】 標的型攻撃メール訓練 「SYMPROBUS Targeted Mail Training」 【アクモス】 標的型攻撃対策評価サービス (レッドチームによる評価) 【日立ソリューションズ】 インシデント多発に悩まされる教育業界、将来に向けたセキュリティ対策とは? 【ヴイエムウェア/ダイワボウ情報システム】 企業の49%が不正C&Cサーバと通信の事実が発覚、未知の脅威には気付かず 【トレンドマイクロ株式会社】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
日立ソリューションズのセキュリティエキスパートの知見・ノウハウを活用することで、日々高度化するマルウェア攻撃の分析を行うサイバー攻撃分析サービス。 疑似攻撃メールの送信や結果の集計、レポート作成などをすることで、標的型攻撃メールの対策訓練を実施するソリューション。 疑似的なマルウェア攻撃で、本来攻撃が検知されるべき箇所で検知できなかったなど、現状のセキュリティ対策の抜けや漏れを洗い出し、評価および改善策を提案するサービス。 「教育IT」徹底討論:学校を狙うサイバー攻撃の現状と最新の対策 振る舞い検知や機械学習の連携が鍵、未知の攻撃を防ぐ方法

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058235


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ