ムービット、オンラインストレージ対応仮想アプライアンスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ムービット、オンラインストレージ対応仮想アプライアンスを発売


掲載日:2014/10/14


News

 株式会社ムービットは、仮想アプライアンス「Powered BLUE 860 VM」で、オンラインストレージソフトウェア“ownCloud”を簡単にインストールでき、マルチサイトでの運用やSSLクライアント認証へ対応する製品を10月14日に発売する。

 「Powered BLUE 860 VM」は、インターネットサーバ(メール・DNS(Domain Name System)・Web・Syslog・プライベートCA(認証局))機能を1台で運用できる仮想アプライアンス製品。

 今回、拡張機能として、オープンソースのオンラインストレージソフトウェア“ownCloud”をインストールして使用できるようになり、同ソフトウェアを仮想アプライアンスとして簡単に運用できるようになった。

 また、同ソフトウェア利用時のIDやパスワードの漏洩対策として、プライベートCAとの連携によるSSLクライアント認証アクセス機能や、ログの保存・検索・トラップ機能が搭載されているほか、1台の仮想サーバ上で複数の“ownCloud”サイトを構築・運用できるマルチサイト機能にも対応している。

 VMWare・Hyper-Vなどの仮想基盤や、CloudStack・AWSなどのクラウド基盤での運用が可能になっている。仮想アプライアンスのイメージテンプレートが提供され、仮想環境やクラウド環境へインポートすることで独自のオンラインストレージを構築・運用できる。

 価格は、シングルサイトモデルが年額15万円から、マルチサイトモデルが年額24万円からで、初期費用はいずれも10万円。


出荷日・発売日 2014年10月14日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オンラインストレージ/ファイルストレージ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オンラインストレージ/ファイルストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

「オンラインストレージ/ファイルストレージ」関連の製品

トライアルサービス実施 Oracle Documents Cloud Service 【日本オラクル株式会社】 DB刷新はストレージから:分析回数に響くI/O遅延の課題解消 【東京エレクトロン デバイス】 オンラインストレージ・パッケージ DocPlug 【鉄飛テクノロジー】 セキュアな大容量ファイル転送・共有サービス「Active! drive SS」 【クオリティア】 コントローラー性能で大きな差、DBに最適なオールフラッシュ条件 【東京エレクトロン デバイス】
オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ
オンラインストレージ、使って気付く意外な盲点 DB刷新はストレージから――分析回数・範囲に響くI/O遅延の課題を解消 自社のファイルサーバをオンラインストレージとして利用できるソフトウェア。PCやタブレット、スマートフォンを利用した社外からのデータアクセスを簡単に実現。 ビジネス利用を前提に設計された大容量ファイル転送サービスとオンラインストレージサービス。高いセキュリティ性と使いやすさを兼ね備え、低コストでの導入を可能とした。 コントローラー性能で大きな差、検証で判明したDBに最適なオールフラッシュ条件

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058214


IT・IT製品TOP > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ