Zuken NetWave、FortinetのUTM製品等のBYOLモデルをAWS上で発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Zuken NetWave、FortinetのUTM製品等のBYOLモデルをAWS上で発売


掲載日:2014/10/09


News

 図研ネットウエイブ株式会社(Zuken NetWave)は、Amazon Web Services(AWS)MarketplaceにFortinet社のUTM製品「FortiGate」/ログ記録・分析・レポートアプライアンス「FortiAnalyzer」/Webアプリケーションファイアウォール「FortiWeb」が採用されたことを受け、10月にBYOL(Bring Your Own License:ライセンス持ち込み)モデルの販売とサポートを開始する。

 今回の販売開始により、図研ネットウエイブが取り扱っているFortinet製品がAWSで利用可能になり、クラウド環境で優れたセキュリティソリューションを利用できるようになる。Fortinetの製品はファイアウォール機能や、様々なサイバー脅威に対応するネットワークセキュリティ機能を備えているほか、Webアプリケーションの保護に対応していて、AWS上にシステムやWebアプリケーションを構築・移行する際にネットワークやWebアプリケーションのセキュリティを担保できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「UTM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UTM」関連情報をランダムに表示しています。

「UTM」関連の製品

「セキュリティ対策」に関するアンケート 【NTT東日本(東日本電信電話株式会社)】 予測レポート:2017年のサイバーセキュリティが直面する6つの事態 【フォーティネットジャパン】 1日2000件のサイバー攻撃に対応、多層防御と即応体制のノウハウ 【富士通】 FEREC 【ネットスプリング】 徹底解説:技術の移行が進むランサムウェアの動向と対策 【フォーティネットジャパン】
UTM UTM UTM UTM UTM
抽選で20名様に5000円分商品券★「セキュリティ対策」に関するアンケート 予測レポート:2017年のサイバーセキュリティが直面する6つの事態 CSIRTの「機能」を実装することが重要――多層防御と即応体制、その有効度は IDとパスワードによる「ユーザ認証」「アクセスコントロール」「ログ収集」を1台で実現するアプライアンスタイプのLANアクセス管理システム。 徹底解説:技術の移行が進むランサムウェアの動向と対策

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058182


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > UTM > UTMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ