日本オラクル、OpenStackをOracle Linux/Oracle VMと統合可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、OpenStackをOracle Linux/Oracle VMと統合可能に


掲載日:2014/10/09


News

 日本オラクル株式会社は、本番環境でOpenStackからOracle LinuxとOracle VMをコントロールできる「Oracle OpenStack for Oracle Linux」の一般提供を開始した。

 「Oracle OpenStack for Oracle Linux」は、Oracle Linuxに追加インストールできるOpenStackソフトウェア。Oracle VMが対応する様々なゲストOS(Oracle Linux、Oracle Solaris、Windows、Oracle以外のLinuxなど)に対応していて、柔軟性とオープン性に優れた環境を構築できる。今回のリリースを活用して、スケーラビリティに優れたマルチテナント環境を構築し、OpenStack向けに用意された様々なプラグインやエクステンションに統合できる。また、サードパーティ製のソフトウェアやハードウェアとの統合も可能で、ユーザの選択肢や既存システムとの相互運用性を拡げられる。

 同製品と「MySQL Enterprise Edition」のいずれかを導入している場合には、もう一方の製品も統合することで、性能/セキュリティ/連続稼働時間の最大化や、OpenStackとMySQLのサポート窓口の一本化といったメリットを受けられる。また、「Oracle Linux Support」サブスクリプションに含まれる「Oracle Clusterware」を利用してOpenStackサービスを保護すると、ハードウェアやソフトウェアに障害が発生してもデプロイメント機能を安全に保てる。

 同社が提供するOpenStack向けのサポートでは、電話で、バックエンドのDBやOracle Linux、ゲストOS、インフラストラクチャを含む様々なOpenStackデプロイメントに包括的に対応できる。「Oracle Linux Premier Support」を契約した場合は、ダウンタイムを防ぎながらカーネルを修復できる“Ksplice”や、カーネルのパフォーマンスを分析する“DTrace”など、Oracle Linuxの更に高度な機能を利用できる。

 「Oracle ZFS Storage Appliance」と統合でき、「Oracle ZFS Storage Appliance Cinder」プラグインで、エンタープライズ用途のストレージオプションを利用できる。また、Cephストレージソフトウェアにも対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「サーバー仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー仮想化」関連の製品

リソース管理の弱点は? 仮想化基盤の“健康診断”が必要な理由 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 仮想化基盤とリソースを一元管理「VMware vRealize Operations」 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 実践企業が教える「仮想化健康診断」の賢い活用法 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 VMware環境を“ 健康” にする 定番の環境管理ツールをマスター! 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 BCP/DR対策 他、課題解決に直結するITインフラ最適化 【日本ヒューレット・パッカード+他】
サーバー仮想化 サーバー仮想化 サーバー仮想化 サーバー仮想化 サーバー仮想化
目の当たりにして驚く仮想基盤の大いなる無駄と運用最適化への道 広く使われるようになった仮想化技術だが、仮想マシンなどの乱立で運用管理に悩み、「こんなはずじゃなかった」と嘆く担当者は多い。エキスパートが解決策を指南する。 事例で解説:仮想環境には”健康診断”が必要不可欠だった! 担当者が一皮むけるVMware環境の新定番ツール“超使いこなし” 事例解説:仮想化統合基盤でデータ保護とビジネス継続性を強化

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058177


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ