Kaspersky Lab、国際警察機関との協力体制を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Kaspersky Lab、国際警察機関との協力体制を強化


掲載日:2014/10/09


News

 ロシアKaspersky Lab ZAO(Kaspersky Lab)は、国際刑事警察機構(インターポール)との協定及び欧州刑事警察機構(ユーロポール)との覚書を結び、サイバー犯罪対策における警察機関への協力範囲を拡大し体制を強化したことを発表した。

 Kaspersky Labの取締役会長兼CEOユージン・カスペルスキー氏は、9月30日、インターポール事務総長ロナルド・ノーブル氏と協定を締結した。これは、INTERPOL Global Complex for Innovation(IGCI)が新たに設立するデジタルフォレンジック研究所に、Kaspersky Labがハードウェア並びにソフトウェア、サイバー犯罪に関するナレッジ、そして継続的なサポートを提供し、IGCIの運営及び活動全体を支援するというものだとしている。

 加えて、世界各国のサイバー警察職員にIGCIのスペシャリストが技術支援を提供するために求められるマルウェア分析・デジタルフォレンジック・金融関連の脅威における専門技術などのトレーニングプログラムの企画・実施も行なう。また、今回の協定により、IGCIに同社のマルウェアアナリストが常駐することになるという。

 また10月1日には、ユージン・カスペルスキー氏がユーロポールのアシスタントディレクター兼European Cybercrime Centre(EC3)センタ長のトルールス・オーティン(Troels Oerting)氏とともに、Kaspersky Labとユーロポールとの連携を強化する覚書を締結した。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS データセンター運用 バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058168



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ