ITX、クラウド型VPNパッケージでソフトウェア型ルーターを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ITX、クラウド型VPNパッケージでソフトウェア型ルーターを提供


掲載日:2014/10/08


News

 アイ・ティー・エックス株式会社(ITX)は、自動接続・一括管理を行なえるマネージドVPNサービス「MORA VPN Zero-Con」の新規メニューで、仮想サーバ(VMware)上で動作するソフトウェア(NFV:Network Functions Virtualization)型ルーターの提供を開始した。また、株式会社えむぼまと連携し、クラウドホスティングサービスと同ルーターを組み合わせたサービス「MORA VPN Zero-Cloud」の提供を開始した。

 今回、ネットワークインフラのコスト削減を検討している飲食・アパレル業界・建設業などの多店舗・多拠点展開を行なっている企業や、セキュリティ機器を設置したいが、どのような仕組みで運用したらよいか分からない中小企業向けに、ソフトウェア型ルーター+クラウドホスティングサービス+共用/占有回線+運用保守を組み合わせたサービスが提供される。東日本/西日本ノードを選択できるため、利用地域に基づいて、契約するノードを選択できる。なお、共用回線タイプではインターネット回線を他の利用者とシェアし、占有回線タイプでは、ユーザ専用にフレッツ光ネクストファミリーGIGAタイプが提供される。

 今回のサービスとITXが従来から提供している拠点間VPNサービス「MORA VPN Zero-Con」を同時提供することで、クラウドから拠点側のネットワークまでを、ITXが一元提供できるため、管理コストと手間の軽減を図れる。ソフトウェア型ルーターは仮想サーバ上で動作しているため、導入後に拠点数が増えたり、通信量が増えた場合など、柔軟にルーターの処理能力を増減できる。

 NTTが提供する無償のフレッツIPv6オプションを使用することで、フレッツNGN網内に閉じたVPN通信を利用でき、インターネットを経由しないセキュアな通信を安価に行なえる。また、同サービスでは東日本ノードと西日本ノード間が閉域網接続されているため、セキュリティレベルを落とさず低価格で、全国にネットワーク構築できる。

 えむぼまが提供するクラウドホスティングサービス「em-cloud」と、ITXのサービス「MORA VPN Zero-Con」を連携させることで、廉価で、速く、セキュアなサービスを提供できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-VPN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-VPN」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-VPN」関連の製品

閉域ネットワークサービス EINS/MOW-DCAN 【インテック】
IP-VPN
ユーザ拠点とインテックのDCや各種クラウドサービスをシームレスに接続できる閉域ネットワークサービス。快適で信頼性の高いネットワークを低コストで利用できる。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058149


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ