NYSOLプロジェクト、データ解析の新版で並び替えの意識不要に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NYSOLプロジェクト、データ解析の新版で並び替えの意識不要に


掲載日:2014/10/08


News

 NYSOLプロジェクトは、ビッグデータ解析ツールの新バージョン「NYSOL 2.0」をリリースした。

 今回の新バージョンでは、データの加工や結合の際に、レコードの順番(並び替え)を意識しなくても簡単に操作できるようになった。コマンドを組み合わせてスクリプトを作成する際に、処理ロジックの構築への集中を図れるほか、並び替えに関わるバグを減らせる。また、学術分野で開発されたツールも追加/改訂されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

データ肥大化を解決する「3つのA」とデータレイクに必須の「4フェーズ」とは 【日本アイ・ビー・エム】 ビッグデータ環境を短期間でクラウド移行――AWSへの移行成功の秘訣とは? 【Cloudera】 レガシーなシステムにあるデータをビジネスに生かす方法 【シンクソート・ジャパン】 16PBを超える保存データを保護、MasterCardに学ぶビッグデータセキュリティ戦略 【Cloudera】 Hadoopをより安全で使いやすくする、セキュリティの「4つの柱」とは? 【Cloudera】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
データ肥大化を解決する「3つのA」とデータレイクに必須の「4フェーズ」とは ビッグデータ環境を短期間でクラウド移行――AWSへの移行成功の秘訣とは? メインフレームなどを中心とするレガシーシステムからビッグデータ環境へのデータ移行時に企業が抱える課題をどう解決すればいいのか。 16PBを超える保存データを保護、MasterCardに学ぶビッグデータセキュリティ戦略 Hadoopをより安全で使いやすくする、セキュリティの「4つの柱」とは?

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058147


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ