NYSOLプロジェクト、データ解析の新版で並び替えの意識不要に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NYSOLプロジェクト、データ解析の新版で並び替えの意識不要に


掲載日:2014/10/08


News

 NYSOLプロジェクトは、ビッグデータ解析ツールの新バージョン「NYSOL 2.0」をリリースした。

 今回の新バージョンでは、データの加工や結合の際に、レコードの順番(並び替え)を意識しなくても簡単に操作できるようになった。コマンドを組み合わせてスクリプトを作成する際に、処理ロジックの構築への集中を図れるほか、並び替えに関わるバグを減らせる。また、学術分野で開発されたツールも追加/改訂されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤 【Cloudera】 ソースコードや仕様書まで自動生成、Watsonが実現する「超高速開発」とは 【日本アイ・ビー・エム】 「使えるAI」はこう作る 〜ディープラーニングの実力を引き出すポイント 【富士通株式会社】 あの企業はなぜAIをいち早く導入できたのか 【富士通株式会社】 データ肥大化を解決する「3つのA」とデータレイクに必須の「4フェーズ」とは 【日本アイ・ビー・エム】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤 ソースコードや仕様書まで自動生成、Watsonが実現する「超高速開発」とは 「使えるAI」はこう作る 〜ディープラーニングの実力を引き出すポイント あの企業はなぜAIをいち早く導入できたのか データ肥大化を解決する「3つのA」とデータレイクに必須の「4フェーズ」とは

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058147


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ