採用:沼津信金、ETの運用統制ソリューション採用し特権ID管理

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:沼津信金、ETの運用統制ソリューション採用し特権ID管理


掲載日:2014/10/08


News

 エンカレッジ・テクノロジ株式会社(ET)は、同社の運用統制ソリューション「ESS AdminControl」と「ESS REC」が沼津信用金庫(沼津信金)に採用されたことを発表した。

 「ESS AdminControl」は、作業の事前申請・承認に基づいた場合にのみ、作業者に特権ID(管理者権限を有する特別なIDアカウント)を貸し出す機能を備えている。また、特権IDの貸出に専用のアプリケーションを利用することで、作業者からパスワードを隠ぺいしたまま作業環境を提供できるほか、業終了後に特権IDのパスワードを自動で変更することで、特権IDを不正に利用できない環境を提供する。

 「ESS REC」では、特権IDを使用した作業の内容を動画形式で記録できる。WindowsのGUI操作をはじめ、テキスト形式の記録では確認が難しい作業も、動画であれば簡単に作業内容を確認でき、ミスや不正な作業の早期発見を支援する。

 沼津信金では、2013年上旬に自庫内で保守・運用を行なう情報系システムに対するシステムリスク対策の見直しを実施した結果、特権ID管理を強化することでリスクを低減できることが判明したとしている。複数の特権ID管理方法を検討する中、同ソリューションを活用した仕組みに注目し、今回の採用が決定したと伝えている。

 10月からET製品の設計・構築作業を開始し、12月末からの同ソリューションの本格運用を予定していると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 【CA Technologies】 サイバー攻撃からビジネスを守るために知っておきたい「キルチェーン」とは 【CA Technologies】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 【CA Technologies】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
「インサイダー脅威」の犯人は誰か? 調査で見えた意外な弱点 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? サイバー攻撃からビジネスを守るために知っておきたい「キルチェーン」とは 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058124


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ