アラタナ、ECサイトにおけるサイバー攻撃の傾向を調査

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アラタナ、ECサイトにおけるサイバー攻撃の傾向を調査


掲載日:2014/10/07


News

 株式会社アラタナは、同社のセキュリティ対応チーム“aratana-CSIRT”が、同社のネットショップ構築サービス「カゴラボ」を対象に“ECサイトにおけるサイバー攻撃の傾向”を調査し、調査結果の中から“ECサイトへのサイバー攻撃の検知件数”と“ECサイトへのサイバー攻撃パターン別トップ5”の2つを発表した。

 “aratana-CSIRT”は、日本シーサート協議会に加盟する組織で、eコマース業界におけるサイバー攻撃の現状を分析・共有し、商品・サービスの品質向上やEC業界の発展に貢献することを目的としているという。

 同調査によると、683件のECサイトへのサイバー攻撃の検知件数は6ヵ月間で13万3678件で、月間平均にすると約2万2000件以上のサイバー攻撃を受けている。一方、前回(2月)の報告と比較すると月間あたりの攻撃数は約3分の1に減少していると述べている。

 また、サイバー攻撃パターンで最も多かったのは、プログラムから機械的にコメントを投稿する、いわゆる“コメントスパム”で、全体の約50%を占めていると伝えている。更に、“コメントスパム”はCMSプラットフォームを対象に攻撃されることが多いとしている。

 Webサイトの中でも特に狙われやすいECサイトでは、情報資産を守るための知識と対策が求められるとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

コスト削減&生産性向上を実現、「業務のモバイル化」をすぐに成功させる方法 【ユニフィニティー+他】 失敗しない業務アプリ開発、押さえておきたい基本要素とMADP活用 【ユニフィニティー+他】 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは 【ネットアップ】 基礎から分かる「ハイパーコンバージドインフラ」 次世代型でできることは? 【ネットアップ】 セキュリティ対策とビジネス貢献を両立 進化するDDoS対策サービスの新事情 【NTTテクノクロス】
スマートフォン スマートフォン 垂直統合型システム 垂直統合型システム WAF
コスト削減&生産性向上を実現、「業務のモバイル化」をすぐに成功させる方法 失敗しない業務アプリ開発、押さえておきたい基本要素とMADP活用 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは 基礎から分かる「ハイパーコンバージドインフラ」 次世代型でできることは? セキュリティ対策とビジネス貢献を両立 進化するDDoS対策サービスの新事情
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058104



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ