矢野経済研究所、世界の駐車支援システム市場の調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、世界の駐車支援システム市場の調査を実施


掲載日:2014/10/07


News

 株式会社矢野経済研究所は、世界の駐車支援システム市場の調査を実施したと発表した。

 調査期間は6〜8月、調査対象は自動車メーカー/システム・部品サプライヤー/デバイスメーカーで、調査方法は矢野経済研究所専門研究員による直接面談/電話・メールによるヒアリング/文献調査を併用している。

 同調査における駐車支援システムとは、カメラシステム(後方及び全周囲を視認できるリアカメラやサラウンドビューカメラを用いたシステム)と、超音波センサシステム(障害物を検知して警報を鳴らすコーナーセンサや駐車操作を自動で制御するパーキングアシストなど)を指す。

 同調査における駐車支援システム市場規模は、乗用車及び車両重量3.5t以下の商用車に搭載されるシステムを構成する、カメラ(イメージセンサ)・超音波センサ・Electronic control unitなどを対象に算出したという(ディスプレイモニタは含まない)。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして3点発表している。1つは、米国と欧州を中心に導入が拡大し、2013年の同システム世界市場規模は、前年比13.7%増の1294億9800万円となり、そのうちカメラシステム市場は前年比15.1%増の987億5500万円と全体の76.3%を占めて、超音波センサシステム市場は前年比9.2%増の307億4300万円になったという。

 2つめは、2016年のEuro NCAPによる新車安全評価基準の強化や、2018年の米国におけるリアカメラ搭載義務化によって先進国を中心に駐車支援システムの採用が拡大し、2025年の同システム世界市場規模は3905億9600万円に成長すると予測している。

 3つめは、2013年の同システム世界市場を地域別にみると、カメラシステム市場は米国が全体の52%を占め、そのほかは中国が24%、欧州が13%、日本が4%と続いているという。リアカメラ搭載義務化予定のある米国を筆頭にカメラシステムの導入が拡大しており、中国においては海外メーカーの車両を購入する消費者の間でリアカメラ・サラウンドビューカメラ・コーナーセンサを装着するケースが多いとしている。一方で、超音波センサによる駐車支援システムは、欧州が全体の47%を占めているという。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 【フォーティネットジャパン】 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? 【フォーティネットジャパン】 UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには 【フォーティネットジャパン株式会社】
検疫 UTM 検疫 ファイアウォール UTM
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058103



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ