採用:シャープ、大阪市のイベントにディスプレイなどを納入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:シャープ、大阪市のイベントにディスプレイなどを納入


掲載日:2014/10/07


News

 シャープ株式会社は、10月1日から12月31日まで大阪城公園内を中心に開催される“大坂の陣400年天下一祭”イベント会場に、サイネージ用ディプレイやタブレットコンピュータ「Mebius Pad」などを納入したと発表した。

 “大坂の陣400年天下一祭”は、2014年・2015年にそれぞれ“大坂冬の陣・夏の陣”から400年を迎える大阪城を中心に、大阪の魅力を広く国内外に発信する目的で企画されたという。

 今回、シャープは狭額縁の60Vインチ液晶ディスプレイを複数用いた大型マルチディスプレイシステムや、タブレットコンピュータなどを各コーナーに納入し、イベント期間中の作品展示などに活用すると伝えている。

 極楽橋エリアの“侍ミュージアム・武将ホール”では、迫力ある映像で来場者を出迎える“映像トンネル”(25面)や空間に浮かび上がる“ホログラム秀吉”(3面)、精巧に再現された黄金の茶室などの歴史を学べるコーナーなどがあるほか、90Vインチ〜42Vインチまでサイズの異なるディスプレイを使った演出の“筆絵の世界”(6面)、60Vインチ液晶を活用した“大画面 4Kマルチサイネージ”(27面)などにより、臨場感あふれる映像体験ができると伝えている。

 また、天守閣・本丸広場で使用できる「天守閣ARアプリ」は、AR(拡張現実)技術とタブレット端末を活用し、“大坂の陣”の概要が学べるという。展望台からの街並み・風景に、タブレットをかざして当時の両軍の軍勢配置が把握できたり、ドラマ映像で戦況の推移や人物エピソードなどの史実を知ることができる仕組みで、同社のタブレットコンピュータ「Mebius Pad」が40台活用されていると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058094


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > デジタルサイネージ > デジタルサイネージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ