トーワ電機、Core i7/Xeon E5-2600v3シリーズ搭載のWSを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


トーワ電機、Core i7/Xeon E5-2600v3シリーズ搭載のWSを発売


掲載日:2014/10/06


News

 トーワ電機株式会社は、メディア&エンターティメント(映像編集)やプロダクトデザイン(CAD設計・製品開発)向けのワークステーション(WS)「APEXX」シリーズ(米国BOXX Technologies,Inc.製)を発売した。

 「APEXX」シリーズは、Core i7プロセッサ(最大8コア16スレッド)またはXeonプロセッサE5-2600v3(最大18コア36スレッド)を2基搭載することで、高速な処理を行なえる。Core i7プロセッサを4.5GHzまでオーバークロックでき、CAD/CAEなどアプリケーションの性能を引き出せ、業務効率の向上を図れる。軽量で容易にメンテナンスできるように設計・製造された筐体を採用し、プロフェッショナル・グラフィックカードを最大4基(「APEXX2」シリーズは2基)搭載でき、プロフェッショナルな画像処理に加え、CUDAを利用したGPUエフェクトやレンダリングをGPUを使用して安定的に高速に実行できる。なお、「APEXX」モデルは、全製品がCPU水冷装置を利用した冷却機構を採用しているほか、オーバークロックや拡張カードのフル実装時に耐えうる、エアーフローを考慮した筐体で静音を維持しながら高性能を引き出せる。

 「APEXX2」シリーズでは、第4世代Core iプロセッサファミリーを搭載したエントリーモデル「APEXX2 2201」と、オーバークロック・高速4.5GHz WSモデル「APEXX2 2401」、Core i7を搭載したエントリーモデル「APEXX2 3201」が発売された。「APEXX4」シリーズでは、シングル・ソケットWS「APEXX4 7201」と、Xeon搭載ハイエンドWS「APEXX4 7901」が発売された。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058084


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ