DDS、FIDO Ready認定を日本国内で初めて取得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DDS、FIDO Ready認定を日本国内で初めて取得


掲載日:2014/10/06


News

 株式会社ディー・ディー・エス(DDS)は、FIDO Allianceより、同社製品がFIDO Ready認定を日本国内で初めて取得したと発表した。

 FIDO(Fast Identity Online)は、生体認証をはじめとしたオンラインにおける安全な認証の世界標準で、2012年7月に米国で設立された非営利団体FIDO Allianceが提唱と啓蒙を行なっているという。

 今回、DDSの提供する指紋リーダである「UBF-neo」を基にSynaptics社製指紋センサ「VFS5011」を使用した製品が、FIDO Readyに認定されたとしている。

 同製品では、FIDO対応のアプリケーションやWebサイトで、IDとパスワードによる認証を指紋認証に置き換えられる。FIDOに対応していないサイトについては、同社の「指紋認証IDマネージャー」を利用することで指紋認証への置き換えられる。

 同社は、ID・パスワードの漏洩による“なりすまし”や“情報漏洩”に対して有効な対策と期待されているFIDOに準拠した製品を利用することにより、安全で使いやすい通信環境が構築できると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 クラウド型帳票基盤ソリューション SVF Cloud 【ウイングアーク1st】 「ハイパフォーマンスなストレージは高い」はもう古い 【日本ヒューレット・パッカード+他】 TrustShelter/WAF 【NTTテクノクロス】 動線解析における「エッジ処理&IoT技術」のメリット 【日本ユニシス+他】
BI 帳票管理システム NAS WAF データ分析ソリューション
様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 国内1万8000社以上が導入する帳票システムのクラウドソリューション。既存帳票を利用した帳票設計、データソースと連携した帳票作成、帳票のデータ出力や直接印刷も可能。 いま買い換えるならオールフラッシュ一択だ。しかし、運用が煩雑になるならば手を出しにくい。では、運用効率のよいハイエンド品が予算の範囲で手に入るならどうだろうか。 WebサイトやWebアプリを安全かつ快適に保つ――欠かせない「3つの機能」とは 映像を活用した業務改善や事業活性化にクラウドを利用するには、通信帯域や運用上の課題も多い。これらの問題を独自技術とサービスの組み合わせで解決する方法を紹介する。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058072



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ