DDS、FIDO Ready認定を日本国内で初めて取得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DDS、FIDO Ready認定を日本国内で初めて取得


掲載日:2014/10/06


News

 株式会社ディー・ディー・エス(DDS)は、FIDO Allianceより、同社製品がFIDO Ready認定を日本国内で初めて取得したと発表した。

 FIDO(Fast Identity Online)は、生体認証をはじめとしたオンラインにおける安全な認証の世界標準で、2012年7月に米国で設立された非営利団体FIDO Allianceが提唱と啓蒙を行なっているという。

 今回、DDSの提供する指紋リーダである「UBF-neo」を基にSynaptics社製指紋センサ「VFS5011」を使用した製品が、FIDO Readyに認定されたとしている。

 同製品では、FIDO対応のアプリケーションやWebサイトで、IDとパスワードによる認証を指紋認証に置き換えられる。FIDOに対応していないサイトについては、同社の「指紋認証IDマネージャー」を利用することで指紋認証への置き換えられる。

 同社は、ID・パスワードの漏洩による“なりすまし”や“情報漏洩”に対して有効な対策と期待されているFIDOに準拠した製品を利用することにより、安全で使いやすい通信環境が構築できると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】 Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 【クエスト・ソフトウェア】 金融企業の事例に学ぶ、DBの高可用性とTCO削減を両立するレプリケーション手法 【クエスト・ソフトウェア】 「分散型WAN」に最適化したSD-WANはなぜ業務を止めないか 【バラクーダネットワークスジャパン】 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは 【バラクーダネットワークスジャパン】
CMS IT資産管理 その他バックアップ関連 WAN 認証
効率的なウェブサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。 Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 金融企業の事例に学ぶ、DBの高可用性とTCO削減を両立するレプリケーション手法 クラウドの利用が当たり前のいま、企業のWAN環境に求められる要件も変化している。効率よくWAN最適化を実現し、セキュアで高品質な通信環境を獲得する方法を紹介する。 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058072



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ