DDS、FIDO Ready認定を日本国内で初めて取得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DDS、FIDO Ready認定を日本国内で初めて取得


掲載日:2014/10/06


News

 株式会社ディー・ディー・エス(DDS)は、FIDO Allianceより、同社製品がFIDO Ready認定を日本国内で初めて取得したと発表した。

 FIDO(Fast Identity Online)は、生体認証をはじめとしたオンラインにおける安全な認証の世界標準で、2012年7月に米国で設立された非営利団体FIDO Allianceが提唱と啓蒙を行なっているという。

 今回、DDSの提供する指紋リーダである「UBF-neo」を基にSynaptics社製指紋センサ「VFS5011」を使用した製品が、FIDO Readyに認定されたとしている。

 同製品では、FIDO対応のアプリケーションやWebサイトで、IDとパスワードによる認証を指紋認証に置き換えられる。FIDOに対応していないサイトについては、同社の「指紋認証IDマネージャー」を利用することで指紋認証への置き換えられる。

 同社は、ID・パスワードの漏洩による“なりすまし”や“情報漏洩”に対して有効な対策と期待されているFIDOに準拠した製品を利用することにより、安全で使いやすい通信環境が構築できると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

クラウドのようにストレージが進化、注目の自己管理型オールフラッシュの実力 【東京エレクトロン デバイス】 高速なだけじゃない、安定稼働を実現するフラッシュストレージの注目機能とは 【東京エレクトロン デバイス】 リテールイノベーションとは何か 小売業界で進むデジタル改革の裏側 【エスキュービズム】 ウイルス対策の切り替え前に知っておきたい製品選びの重要ポイント 【マクニカネットワークス+他】 京都府の若手職員による新たな挑戦、ジブンゴトとしての働き方改革とは 【シスコシステムズ】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 EC アンチウイルス テレビ会議/ビデオ会議
クラウドのようにストレージが進化、注目の自己管理型オールフラッシュの実力 高速なだけじゃない、安定稼働を実現するフラッシュストレージの注目機能とは 小売業界を取り巻く環境は大きく変化している。「取りあえずデジタル化を」という企業も少なくないが、無計画なデジタル変革はかえって収益を圧迫することになる。 ウイルス対策の切り替え前に知っておきたい製品選びの重要ポイント 保守的で新規取り組みに消極的とみられがちな自治体。だが京都府は若手を中心にITツールの普及啓発などジブンゴトとして働き方改革を推進した。変革の波はどう起きたのか。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058072



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ