UBIC、メール監査システムにリスクフェーズを分析する機能を搭載

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


UBIC、メール監査システムにリスクフェーズを分析する機能を搭載


掲載日:2014/10/03


News

 株式会社UBICは、メール常時監査システム「Lit i View EMAIL AUDITOR」に、不正行為発生の可能性/フェーズ/タイミングを人工知能で解析できる機能“Risk Prediction”を搭載し、提供を開始した。

 “Risk Prediction”は、ビッグデータを人の思考や行動の集合体と捉え、分析する、同社のコンセプト“行動情報科学”に基づいた機能。同社が蓄積してきた知見をベースに、メール上でのコミュニケーションを分析し、不正行為発生のリスクを計算できる。更に不正行為がどのフェーズにあるのか、分析したレポートを表示できる。また、過去に発生した不正行為の分析結果をもとに、今後、同様の不正行為が発生する確率を予測でき、その結果も合わせて表示できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「フォレンジック」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フォレンジック」関連情報をランダムに表示しています。

「フォレンジック」関連の製品

ネットワークフォレンジックサーバ 『NetEvidence Ax Ver.3.1』 【オーク情報システム】 ネットワーク監視システム 「PacketBlackHole」 【ギガ+他】
フォレンジック フォレンジック
全インターネット通信を記録・保存し、有事の際に漏えい源を追跡できるネットワークフォレンジックサーバ。メールの添付ファイルも掲示板の書込み内容も検索・確認できる。 社内・社外へ流れる通信データを取得・保存し、その中身の解析・再現。情報漏えいの抑止と事件発生時の迅速な証拠発見を可能にする。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058059


IT・IT製品TOP > 運用管理 > フォレンジック > フォレンジックのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ