キヤノンITS、ウイルス/スパイウェア対策ソフトのLinux版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンITS、ウイルス/スパイウェア対策ソフトのLinux版を発売


掲載日:2014/10/02


News

 キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は、法人向けゲートウェイ製品として、Webセキュリティソフトウェア「ESET Web Security for Linux」を発売した。

 「ESET Web Security for Linux」は、HTTP/FTPの通信経路上でプロキシサーバとして動作し、既知/未知のウイルスやワーム、トロイの木馬、スパイウェアなどからユーザを守る。ウイルス/スパイウェア対策機能に特化した簡素なプログラム構成で、安定稼働が図られている。

 ESET社開発の“ThreatSenseテクノロジー”が装備されていて、“シグネチャ検査”“ヒューリスティック検査”“アドバンスドヒューリスティック”“アドウェア/スパイウェア/リスクウェア”“望ましくない可能性があるアプリケーション”“安全ではない可能性があるアプリケーション”という6種類の検査方法で、新種のマルウェアを含め、高い確率で検出できる。

 クライアントとアクセス先のIPアドレスやネットワークアドレスで個別のポリシーを作成できる。特定の社内のWebサーバへのアクセスはウイルス検査をしない場合や、特定のクライアントからのWebアクセスを拒否したい場合などに利用できる。

 ESET製品の管理プログラム「ESET Remote Administrator」(ERA)と連携し、情報収集やコンフィグレーションの配布などの集中管理を行なえる。また、Webインターフェースやコマンドライン、「ERA」からのコンフィグレーション配布など、用途に応じて複数の設定方法が用意されている。


出荷日・発売日 2014年10月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB) 【ソフトバンク コマース&サービス】 エフセキュア モバイル セキュリティ ビジネス 【ソフトバンク コマース&サービス】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
Windows PC、Mac、スマートフォンなど、幅広いデバイスおよびサーバプラットフォームのセキュリティを保護可能な多機能セキュリティソリューション。サンドボックス搭載。 1988年から30年近くITセキュリティソリューションを世界中に提供しているエフセキュアのモバイルセキュリティ。既に10年以上の実績を持つパイオニア的存在。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058017


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ