提携:インテルと三菱電機、FAシステムの開発などで協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:インテルと三菱電機、FAシステムの開発などで協業


掲載日:2014/10/02


News

 米インテルコーポレーション(インテル)と三菱電機株式会社は、ファクトリーオートメーション(FA)システムの開発、ならびに IoT(Internet of Things)技術を活用した予防保全ソリューションで新たに協業すると発表した。

 インテルは、ビジネスと消費者がIoTによるメリットを享受するためのFAソリューション、コネクテッド・システム、そしてデータセンター関連技術に注力しているという。同社は、研究開発への投資や、デバイスからインターネット、データセンターにいたるまでのコンピューティングの変革を促進するシリコン製品や関連技術を開発し、信頼性のあるエコシステムの構築に向けた取り組みを推進してきたと述べている。

 一方、三菱電機は、様々なFA製品のラインアップにより製造業の自動化を支援しているという。同社の「e-F@ctory」は、工場の見える化とともに TCO(総所有コスト)削減を可能にするソリューションで、「iQ Platform」の提供により様々なFA機器のハードウェア・ソフトウェアを統合しFA機器のone platformを確立できる。また、産業用オープンネットワークである「CC-Link/CC-Link IE」で生産設備や製造装置の機器間の適した接続を可能にする。

 今回、両社が協業するシステムは、インテルのIoT技術と三菱電機の「e-F@ctory」ソリューションが組み合わさることで、障害予測などの機能を提供し、工場の生産性を高めることを目指すと述べている。

 両社の最初の取り組みとして、マレーシアにあるインテルの製造施設のバックエンド工程に共同ソリューションを導入したと伝えている。同ソリューションは、Atomプロセッサを搭載したIoTゲートウェイで、「iQ Platform」の構成製品である「C言語コントローラ」を活用していて、ビッグデータ分析用のサーバにーデータを安全に取り込める。

 同ソリューションにより、不良品の仕分けミスを削減できるため、製造装置の収益性・生産性が向上したほか、障害予測に基づく事前の保守管理と部品故障の低減を可能にしたと述べている。試験導入の結果、インテルでは運用面でのコストや意思決定に要する期間が短縮できたことで、900万米ドルのコストを削減できたとしている。

 なお、プロジェクト・チームは、2015年までに共同ソリューションの商用化を目指すと述べている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 野村証券の大規模ネットワーク運用術:8000ノード一元管理の手法 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】
統合ログ管理 BI 暗号化 ネットワーク管理 バックアップツール
企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 野村証券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は? ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20058005



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ