ネットワン、高さ2uで仮想基盤を構築できる垂直統合製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットワン、高さ2uで仮想基盤を構築できる垂直統合製品を出荷


掲載日:2014/10/01


News

 ネットワンシステムズ株式会社(ネットワン)は、米国VMwareとOEM契約を締結し、2u(約8.9cm)の高さでサーバー/ストレージ/ネットワーク/仮想化ソフト/管理ソフトを統合し、優れた性能の仮想基盤を構築できる、垂直統合型アプライアンス製品「NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAIL」(EVO:RAIL)の出荷を開始した。価格は3000万円から(3年保守含む)。

 「EVO:RAIL」では、VMwareのSoftware-Defined DataCenter製品群を用いて、導入/運用/拡張を簡易化/迅速化することで、仮想環境の導入/運用などのコスト削減を図れる。

 仮想マシン100台や仮想デスクトップ250台を収容できる。固定構成なので設計/構築を最小限に抑えられ、簡単な操作で仮想基盤を15分程度で導入できる。追加接続した同製品を自動的に認識し、わずかなクリック操作で拡張できる(現在4台まで)。また、イーサネット技術を活用することで、処理スピード向上とコスト削減、容易なスケールアウトが図られている。

 要望に応じて、様々なソリューションが追加されて提供される。セキュリティ/負荷分散などの仮想アプライアンスを用いた仮想基盤ソリューションや、仮想デスクトップ/コラボレーションツールを用いたワークスタイル変革ソリューション、更なる安定稼働と運用負荷軽減を図れる遠隔モニタリングサービスが用意されている。


出荷日・発売日 2014年10月1日 出荷
価格 3000万円〜(3年保守含む)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「垂直統合型システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「垂直統合型システム」関連情報をランダムに表示しています。

「垂直統合型システム」関連の製品

「Nutanix on UCS」完全ガイド:AcropolisとPrismが動作する仕組みを徹底解説 【ソフトバンク コマース&サービス】 どれを選べばいいの? たくさんあって迷うHCI製品を選ぶ基準 【Dell EMC】 仮想環境のバックアップ、知られていない「大規模特有の破綻リスク」と回避策 【EMCジャパン】 ストレージ運用を効率化する仮想化環境とは? 国際基督教大学に選ぶ改善策 【ヴイエムウェア】 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは 【ネットアップ】
垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム
「Nutanix on UCS」完全ガイド:AcropolisとPrismが動作する仕組みを徹底解説 どれを選べばいいの? たくさんあって迷うHCI製品を選ぶ基準 基幹システムなど重要システムの仮想環境移行が進んでいる。しかし大規模環境“特有”のバックアップリスクを把握しているだろうか。知らないと危険な落とし穴を解説する。 ストレージ運用を効率化する仮想化環境とは? 国際基督教大学に学ぶ改善策 従来のハイパーコンバージド製品が抱える3課題から脱却、次世代製品の違いとは

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057985


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ