NTTデータGTSJなど、MicrosoftのERPのグローバルサポートを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータGTSJなど、MicrosoftのERPのグローバルサポートを開始


掲載日:2014/10/01


News

 株式会社NTTデータ・グローバル・テクノロジー・サービス・ジャパン(NTTデータGTSJ)は、NTT DATA(Thailand)Co.,Ltd.(NTT DATA Thai)と連携し、Microsoft Dynamics AX利用企業向けグローバルサポートサービスの提供を開始した。

 今回提供されるサービスでは、アジア太平洋地域の国に様々な拠点を持つ企業に対して、Microsoft Dynamics AXに関わる問い合わせ対応と保守サポートを行なう。一元的に対応できるようタイにヘルプデスクを設け、最大5ヵ国語でのサポートを行なうとともに、問い合わせ内容に応じてインドの技術者による高度な保守サービスを提供する。オプションでシステム監視にも対応できる。同社を通じて導入をした企業以外でも、該当システムに関する引き継ぎを行なうことでサービスを受けられる。

 同サポートサービスを利用することで、海外展開企業は様々な言語への対応や拠点ごとにヘルプデスクを用意することが不要になり、コストを削減できるとともに、迅速で確実な対応を受けられる。

 タイ拠点でサポート窓口(Level1)、またはテクニカルサポート窓口(Level2)が1次受付を行ない、問い合わせ内容に応じて、より技術的なサポート(Level3)が求められる場合はオフショア開発拠点であるインドにエスカレーションを行なって保守対応する。

 受付時間はタイ標準時間の平日の日勤時間帯だが、オプションで24時間365日の受付にも対応する。言語は標準で英語とタイ語に対応し、オプションで、日本語・インドネシア語・ミャンマー語に対応する。

 対応形式はアカウントごとのチケット形式で、価格は、基本料金がアカウント単位で30万円から、言語オプションは言語ごとに10万円から。複数拠点での1アカウントの利用も可能になっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「NTTデータ・グローバル・テクノロジー・サービス・ジャパン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 中堅医薬品・化粧品製造業向けERPパッケージ「JIPROS」 【日本電子計算】 経営基盤ソリューション 『 SuperStream-NX 』 【スーパーストリーム】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】 プロセス製造業向けERPパッケージ「FlexProcess」 【NEC】
ERP ERP ERP ERP ERP
会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。様々な業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 中堅医薬品・化粧品製造業特化型ERP(販売・生産・原価)パッケージ。 ◎会計:完全Web対応の優れた操作性 / 日本の法制度に迅速に対応/多言語・多通貨によるグローバル対応
◎人事給与:高度なタレント管理、人材の適性配置・育成を実現
会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。 生産/在庫/原価管理に強みを持つプロセス産業(化学/素材/食品等)向けERPソリューション。オープンなAPIによる個別開発、他システム(SAP/BI/携帯端末等)連携が豊富。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057972


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ