CST、仮想化/物理環境の管理ツールの新版でツリー表示等に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CST、仮想化/物理環境の管理ツールの新版でツリー表示等に対応


掲載日:2014/09/30


News

 株式会社クラウド・スコープ・テクノロジーズ(CST)は、仮想化環境と物理環境を同時に監視/管理するツールの新バージョン「MoonWalker ver.3.2」をリリースした。価格は500万円から。

 「MoonWalker」では、サーバー機器やネットワーク機器などの構成情報/障害情報/統計情報を一元的に監視/管理できる。

 今回の新バージョンでは、仮想サーバからみたストレージの関連情報を検索/表示する機能を提供する。仮想サーバの一覧に加え、その仮想サーバが利用しているストレージとマウント状況の一覧を表示できる。ユーザの運用に合わせたカスタマイズにも対応する。

 サービス監視対象が追加され、Web/DNS(Domain Name System)/SMTP/POP/IMAP/NTP/FTPの各サーバとTCPポートの監視に対応した。これにより、サーバの死活/レスポンス監視を標準で行なえる上、個別にスクリプトを作成することで監視対象や監視方式を拡充でき、きめ細かく監視できる。

 監視対象をツリー表示でも確認できる機能が提供され、監視対象ノードが多数ある場合などに利用できる。ユーザの状況に応じて、ツリー表示とトポロジー表示から選択できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 500万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

IT運用改善の第一歩、現在の課題が分かるプロセス管理術 【日本電気】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 仮想化インフラの一元管理を支援する「Red Hat Satellite」 【サイオステクノロジー株式会社】 Cisco Tetration Analytics 【シスコシステムズ】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
IT運用改善の第一歩、現在の課題が分かるプロセス管理術 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 「クラウド指向」の影と希望 運用管理とセキュリティ対策を考える 複雑すぎるアプリケーション管理をすっきり可視化するには PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057943


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ