日立、PCサーバの処理性能や拡張性を強化、10年保守対応モデルも

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、PCサーバの処理性能や拡張性を強化、10年保守対応モデルも


掲載日:2014/09/30


News

 株式会社日立製作所(日立)は、PCサーバ「HA8000」シリーズの2プロセッササーバ「HA8000/RS220」「HA8000/RS210」で、クラウド基盤やデータセンター向けに処理性能や拡張性を強化し、出荷を開始した。

 今回の強化では、XeonプロセッサE5-2600 v3製品ファミリーが搭載され、装置としての最大コア数が36コアに増強されたほか、高速メモリが採用され、業務アプリケーションなどの処理性能の強化が図られている。

 最大4.8TBのPCIe Flashドライブボードに対応し、キャッシュ(一時的な記憶装置)として利用することで、DB処理にかかる時間の短縮を図れる。更に、転送速度16Gbpsのファイバチャネルボードにも対応し、外部ストレージ装置との入出力性能も強化されている。これらにより、業務変動にともなう仮想サーバやデータ容量の追加が容易になり、迅速で柔軟なクラウド環境の構築を図れる。

 内蔵RDX(持ち運び可能なカートリッジ型HDD)ドライブのバックアップ最大転送速度が毎時288GBに向上した。また、SSDの総書き込み容量を監視して寿命前にアラート通知する予兆監視機能も追加され、故障によるサーバーの停止を回避できる。

 10年間のハードウェア保守に対応する“長期保守対応モデル”や、10年間の無償保守と簡易定期点検(年1回)を提供する“おまかせ安心長期保守モデルII”も用意され、出荷が10月20日に開始される。汎用的なPCサーバである同モデルを、長期安定稼働が求められる設備制御や監視システムなどでも利用することで、システム構築のコストを抑えられる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「PCサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PCサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「PCサーバ」関連の製品

統合的なサーバ管理を提供する「Dell EMC PowerEdge iDRAC」 【デル】 無停止型サーバ「ftServer」ファミリ 【日本ストラタステクノロジー】 ITシステムを効率よく一元管理「OpenManage Essentials」 【デル】 x86サーバのキーマンによる対談からx86サーバの魅力を解説 【レノボ・ジャパン株式会社】
PCサーバ PCサーバ PCサーバ PCサーバ
最新ツールでIT担当者はサーバ管理業務から開放されるのか? 「インテルXeonプロセッサ E5-2600v3シリーズ」を搭載した無停止型サーバ。仮想化システム/クラウド/DBサーバなど、ミッションクリティカルなシステムに高い可用性を提供。 システム管理が無償でここまで! OpenManage Essentialsって何? どのベンダーで買っても同じか? キーマンが語るx86サーバの今と未来

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057937


IT・IT製品TOP > サーバー > PCサーバ > PCサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ