ユービーセキュア、Webサイト診断等をLinuxのBashの脆弱性に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユービーセキュア、Webサイト診断等をLinuxのBashの脆弱性に対応


掲載日:2014/09/30


News

 株式会社ユービーセキュアは、「Webサイト簡易診断サービス」を、LinuxのBashシェルでの“Bash Code Injection”脆弱性の検出に対応させ、提供を開始する。

 「Webサイト簡易診断サービス」では、同社が開発したツールが、インターネット公開サイトに対し、GETメソッドを用いて自動で巡回し診断を実施する。オープンポート確認や、サーバ/ネットワーク/Webアプリケーションのセキュリティチェック、フォームの検出が行なわれる。

 今回、“Bash Code Injection”脆弱性の有無を検出できるシグネチャが追加される。また、Webアプリケーション脆弱性検査ツール「VEX」へのシグネチャも10月初旬に提供される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

Webアプリケーション脆弱性検査ツール Vulnerability Explorer 【ユービーセキュア】
セキュリティ診断
Webアプリケーションの検査対象ページを正しく巡回し、脆弱性の診断を行う検査ツール。脆弱性の検出率が高く、目的に応じたきめ細かいレポート出力ができる。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057929


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ