矢野経済研究所、商用車向けテレマティクス市場調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、商用車向けテレマティクス市場調査を実施


掲載日:2014/09/29


News

 株式会社矢野経済研究所では、国内の商用車向けテレマティクス市場の調査を実施したと発表した。

 調査期間は4月〜8月、調査対象は国内外の商用車向けテレマティクス端末ベンダなどで、調査方法は矢野経済研究所専門研究員による直接面談、電話・メールによるヒアリング、及び文献調査を併用している。

 同調査における商用車向けテレマティクスとは、運行動態管理システム端末、オートリース車両(商用車)運行動態管理システム端末・複合機(端末)・デジタルタコグラフ・ドライブレコーダ・スマートフォン連携型運行動態管理システム端末を対象とする。

 運行動態管理システム端末とは搭載されたGPSによって走行データをセンタ側で把握し、運行管理や燃費、CO2排出量などを検証して環境対策に活用するシステム。スマートフォン連携型ではこうした運行管理をスマートフォンのアプリケーションで行なう。複合機とは運行動態管理システム・デジタルタコグラフ・ドライブレコーダの内の2つ以上の機能を有するシステム端末。デジタルタコグラフは法定三要素(速度・時間・距離)をデジタル記録する車載器。ドライブレコーダは映像や音声などの走行情報を自動的に記録する車載器を指す。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして2点発表している。1つは、国内商用車向けテレマティクス端末の2013年度のメーカー出荷台数の合計は55万2000台であり、2016年度には133万3850台まで拡大すると予測している。成長の背景には助成金など国によるユーザの導入支援の後押しが挙げられる。また白ナンバー車両(企業や店舗などが自社で所有する自家用車両)においてもこうしたテレマティクス端末の搭載も想定され、車両情報を活用したビッグデータ解析なども市場の成長要因と考えると述べている。

 2つめは、将来的にはテレマティクス端末から集約された走行データや運行動態などを活用したビッグデータ解析ビジネスが本格化するとみている。現在、2030年度の商用車用テレマティクス端末はメーカー出荷台数ベースで約400万台を予測しているが、こうしたビッグデータ解析ビジネスまでを含めると当該市場は大きく拡大する可能性を秘めているものと考えると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

電子印鑑サービス 「パソコン決裁Cloud」 【シヤチハタ】 無停電電源装置「Eaton UPS 9PXシリーズ」 【ダイトロン】 請求管理ロボ 【ROBOT PAYMENT】 クラウドだけでは解決できない、大規模コンテンツ配信やIoTにどう対応する? 【シュナイダーエレクトリック】 ハイブリッド化してもダウンタイムが減らない、その原因はローカルにあり 【シュナイダーエレクトリック】
ワークフロー UPS 販売管理システム データセンター運用 データセンター運用
企業での決裁業務において、従来のワークフローに乗らない主にハンコが必要な承認文書を電子化。デバイスを問わずいつでもどこでも承認文書を決裁できる電子決裁サービス Eaton独自の技術でバッテリー期待寿命5年の長寿命UPS。無償の管理ソフトウェアにより仮想環境にも対応。150カ国以上で販売され、小型UPSでは世界トップクラスのシェア。 請求・集金・消込・催促という一連の売掛金回収業務を自動化し、統合管理できるクラウド型請求管理システム。API/CSVで販売管理・会計システムの双方と連携できる。 クラウドだけでは解決できない、大規模コンテンツ配信やIoTにどう対応する? ハイブリッド化してもダウンタイムが減らない、その原因はローカルにあり
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057909



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ