Intimate Merger、オーディエンスデータの販売環境を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Intimate Merger、オーディエンスデータの販売環境を提供


掲載日:2014/09/26


News

 株式会社インティメート・マージャー(Intimate Merger)は、Webサービスが保有する“オーディエンスデータ”を横断的に活用/販売できるプラットフォーム「セグメントギャラリー」の提供を開始した。

 “オーディエンスデータ”とは、コンテンツ閲覧/検索/アクセス元/広告接触反応の履歴などのオンライン行動履歴や、会員データ、CRMデータなどの総称で、今回提供される「セグメントギャラリー」を活用することで、企業のWebマーケティング担当者や代理店担当者は、同社が提携するポータルサイトやネットリサーチの“オーディエンスデータ”と、同社で保有している3億5000万の“オーディエンスデータ”から、自社のマーケティング活動に利用可能なデータを効率的に見つけられる。

 マーケターはこれらのデータを横断的に見つけられるほか、同社の提供するデータマネジメントプラットフォーム(DMP)を通じて、DSPやアドネットワークといった広告商品やアクセス解析ツール、CRMツールなどで活用できる。

 また、メディアやポータルサイトやネットリサーチといった“オーディエンスデータ”を保有する企業は、「セグメントギャラリー」に“オーディエンスデータ”を提供することで、システム開発コストや営業情報更新の手間をかけずに、安全かつ効率的にサービスオーディエンスのデータを資産として活用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

IoTの付加価値を最大化させる「ビッグデータ分析環境」とは? 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】 オープンソース・データサイエンスツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】 ビッグデータ統合・連携基盤「Talend」 【エアー】 Apache Hadoop データプラットフォーム Hortonworks Data Platform 【ホートンワークスジャパン】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
「自動車ビッグデータ」の事例で学ぶHadoopの使い方 進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングのデータサイエンスツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。 Eclipseベースのグラフィカルな統合開発環境を使用し、データ統合からアプリケーション連携、ビジネスプロセス管理まで行える統一プラットフォーム。多数の導入実績あり。 Hadoop開発プロジェクトのコアメンバーが揃うHortonworksが提供するデータプラットフォーム。Hadoopによるソリューションから要求される各種機能を提供する。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057884


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ