先端技術研究所、統合ファイアウォール管理などのスイートを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


先端技術研究所、統合ファイアウォール管理などのスイートを強化


掲載日:2014/09/26


News

 有限会社先端技術研究所は、イスラエル・Tufin Software Technologiesの「Tufin Orchestration Suite」の新バージョン「R14-2」を発売する。

 「Tufin Orchestration Suite」は、統合ファイアウォール管理「SecureTrack」、ネットワーク変更自動化「SecureChange」、アプリケーション コネクティビティ管理「SecureApp」のスイートとして構成されている。今回の新バージョンでは、それぞれの機能が強化されている。

 「SecureTrack R14-2」では、SNMP(Simple Network Management Protocol)v2/v3での動的ルーティング情報や、Cisco CSMデバイスの動的トポロジーなど、デバイス監視のサポートが追加された。統合セキュリティ ポリシーの例外に関して、ルールをレポートし、例外に一致するポリシー制御を確認できる。ルール ドキュメンテーションが向上し、ルール名やコメント内のテキストを基に、ルール ドキュメンテーション テーブルをフィルタできる。また、REST APIでのポリシー分析問い合わせや、レビジョン フィールドのレビジョンのオーソライズ状態など、REST APIがアップデートされた。

 「SecureChange R14-2」では、Verifierが高速化され、性能が向上している。「SecureTrack」内の新しい統合セキュリティ ポリシーに対して、Risk Analysisが計算する。Designerが、選択されたデバイスや、ゲートウェイ上に最後にインストールされたポリシーに従って、変更提案計算のCheck Pointの Install-Onの設定を考慮し、Verifierが、各デバイスに最後にインストールされたポリシーに基づいて結果を出す。SecureApp内で発行されたチケットが変更の要約を表示することで、アクセス依頼のリストを容易に理解できる。Risk AnalysisやVerifierの表示が新しくなり、様々なWebブラウザで結果を表示できる。

 「SecureApp R14-2」では、特有アプリケーションのためのローカルなサービス、サービス グループの定義でリソースを体系化できる。サーバーを再生成し変更チケットの発行不要で、接続を保持したまま、アプリケーション間でサーバーを移動できる。IPアドレスなしのサーバーを、アプリケーション接続中で定義して使用できる。ファイアウォールのルール ベース内のルールや、オブジェクトからアプリケーションを設定するための新しいツールを使用できる。また、REST APIのドキュメンテーションのWebポータルが公開された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 ヒューマンエラーをなくし、業務効率も高める画期的な運用自動化ツール 【株式会社日立製作所、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社】 OSSによるインフラ構築の悩みを解消し、アプリ開発に専念する秘策とは 【NTTテクノクロス】 クラウドのように柔軟なリソース拡張、オンプレミスの新たなIT消費モデルとは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オンプレミスのITリソースも最適化、新たな「ハイブリッドインフラ」の形とは? ヒューマンエラーをなくし、業務効率も高める画期的な運用自動化ツール オープンソースソフトウェア(OSS)がさまざまなシステムの基盤として使われているが、OSS同士の相性に起因する問題は解決が難しい。頼れる専門家はいないだろうか。 クラウドのように柔軟なリソース拡張、オンプレミスの新たなIT消費モデルとは? 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057883


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ