先端技術研究所、統合ファイアウォール管理などのスイートを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


先端技術研究所、統合ファイアウォール管理などのスイートを強化


掲載日:2014/09/26


News

 有限会社先端技術研究所は、イスラエル・Tufin Software Technologiesの「Tufin Orchestration Suite」の新バージョン「R14-2」を発売する。

 「Tufin Orchestration Suite」は、統合ファイアウォール管理「SecureTrack」、ネットワーク変更自動化「SecureChange」、アプリケーション コネクティビティ管理「SecureApp」のスイートとして構成されている。今回の新バージョンでは、それぞれの機能が強化されている。

 「SecureTrack R14-2」では、SNMP(Simple Network Management Protocol)v2/v3での動的ルーティング情報や、Cisco CSMデバイスの動的トポロジーなど、デバイス監視のサポートが追加された。統合セキュリティ ポリシーの例外に関して、ルールをレポートし、例外に一致するポリシー制御を確認できる。ルール ドキュメンテーションが向上し、ルール名やコメント内のテキストを基に、ルール ドキュメンテーション テーブルをフィルタできる。また、REST APIでのポリシー分析問い合わせや、レビジョン フィールドのレビジョンのオーソライズ状態など、REST APIがアップデートされた。

 「SecureChange R14-2」では、Verifierが高速化され、性能が向上している。「SecureTrack」内の新しい統合セキュリティ ポリシーに対して、Risk Analysisが計算する。Designerが、選択されたデバイスや、ゲートウェイ上に最後にインストールされたポリシーに従って、変更提案計算のCheck Pointの Install-Onの設定を考慮し、Verifierが、各デバイスに最後にインストールされたポリシーに基づいて結果を出す。SecureApp内で発行されたチケットが変更の要約を表示することで、アクセス依頼のリストを容易に理解できる。Risk AnalysisやVerifierの表示が新しくなり、様々なWebブラウザで結果を表示できる。

 「SecureApp R14-2」では、特有アプリケーションのためのローカルなサービス、サービス グループの定義でリソースを体系化できる。サーバーを再生成し変更チケットの発行不要で、接続を保持したまま、アプリケーション間でサーバーを移動できる。IPアドレスなしのサーバーを、アプリケーション接続中で定義して使用できる。ファイアウォールのルール ベース内のルールや、オブジェクトからアプリケーションを設定するための新しいツールを使用できる。また、REST APIのドキュメンテーションのWebポータルが公開された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

ITIL運用の経験不足をツールでカバー、福岡空港に学ぶプロアクティブな保守運用 【クレオ】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 NASAがクラウド環境の構成管理を自動化、「Ansible Tower」で得た6つの効果 【レッドハット】 ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは 【ネットワンシステムズ株式会社】 「Ansible」をチームで活用するために必要な管理機能をどう実装する? 【レッドハット】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
年間約2100万人365日運航を支える「業務支援ツール」導入事例 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 NASAがクラウド環境の構成管理を自動化、「Ansible Tower」で得た6つの効果 企業内ネットワークの課題にこそ改善チャンス 「攻めのIT」実現に必要なモノ 「Ansible」をチームで活用するために必要な管理機能をどう実装する?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057883


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ