NTTコムウェア、GRANDITコンソーシアムに参画

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTコムウェア、GRANDITコンソーシアムに参画


掲載日:2014/09/24


News

 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(NTTコムウェア)は、GRANDIT株式会社が運営するGRANDITコンソーシアムにプライムパートナーとして参画したと発表した。

 GRANDITコンソーシアムは、新しい技術基盤を採用したERPパッケージソフトを開発するために2003年10月に設立されたコンソーシアム。プライムパートナーは、今回加盟したNTTコムウェア、インフォコム、AJS、NECネクサソリューションズ、オージス総研、システムインテグレータ、双日システムズ、DACS、東洋紡システムクリエート、日商エレクトロニクス、日鉄日立システムエンジニアリング、パナソニック インフォメーションシステムズ、ベニックソリューション、ミロク情報サービス(以上50音順)の14社で構成され、ビジネスパートナーを加えて57社(8月現在)となっている。

 「GRANDIT」は、コンソーシアム方式によりSI企業のノウハウを活用したWeb-ERPで、経理/債権/債務/販売/調達・在庫/製造/人事/給与/資産管理/経費の計10モジュールにより構成されている。BI/EC/ワークフローなどを標準搭載し、多言語・多通貨・マルチカンパニー機能などにより、海外拠点での利用も容易で、海外グループ拠点を含めた情報のリアルタイム連携を可能にすることで、企業のグループでの展開を支援する。

 NTTコムウェアは、ERPを企業のグループ経営における重要ソリューションの1つと位置づけており、GRANDITコンソーシアムに参画し、GRANDITをソリューションラインアップに加えることで、ERPビジネスへの取り組みを強化すると述べている。

 同社が提供する、グループ共通財務基盤の構築・運用実績、及びノウハウに、「GRANDIT」のソリューションを組み合わせることで、間接業務シェアード化の基盤を構築し、グループ運営の効率化・高度化を図る。また、グループ共通財務基盤を用いたグループ間取引の標準化・簡略化などにより、コスト削減、及び決算の早期化を支援する。更に、各事業会社に点在する業務データをグループ共通財務基盤上で一元的に管理し、経営状況をリアルタイムに把握することで、迅速かつ緻密な経営分析・意思決定を支援するなど、ユーザ企業のグループ経営の強化を図っていくという。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

テストツール活用事例――年2回のリリースサイクルが月1回へ 【日本シノプシス】 実践から見えてきた、ワークスタイル変革に本当に必要なこと 【日立システムズ+他】 仮想デスクトップインフラ(VDI)のナゼ?困った!をプロが解説 【日商エレクトロニクス】 VDI成功の3条件を実現する「転ばぬ先のアセスメント」 【日商エレクトロニクス】 NTT西日本の大規模DaaS、レスポンス悪化の原因を10分で特定するVDI監視技術とは 【日商エレクトロニクス】
テストツール 無線LAN VDI VDI VDI
テストツール活用事例――年2回のリリースサイクルが月1回へ IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。 大規模VDIの導入は、ユーザーから「使いものにならない」といった不満が出やすい。問題は見積もりや設計にあるのか、あるいは……。プロがこっそり語る裏事情をレポート。 VDIサイジング”あるある” 導入を失敗しないための切り札とは NTT西日本の巨大DaaS基盤を支える運用監視技術に迫る
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057816



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ