シフトテック、Web制作会社向けCMSの新版をリリース

IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シフトテック、Web制作会社向けCMSの新版をリリース


掲載日:2014/09/22


News

 シフトテック株式会社は、Web制作会社向けに開発した「bingo!CMS」の新版「Version 1.6」をリリースした。価格は3万8000円。

 「bingo!CMS」は、中小規模のサイト構築向けに機能を最適化し、Ajax技術などを活用した高品質なデザインと、使い勝手を考慮したサーバーインストール型CMS。今回の新版では、フラットデザインの要素を取り入れ、各機能の表現力の向上や、エフェクトの追加などの機能拡張と改良が行なわれている。

 画面幅100%・ワンカラムレイアウトに対応し、コンテナに上下左右のパディングを設定できるため、画面幅100%のページに対しコンテンツエリアの幅を自由に設定できる上、コンテンツの上下にも適切な余白を設定でき、制作者のイメージ通りにコンテンツをレイアウトできる。

 コンテンツのコンテナごとに背景画像・背景動画を設定できる上、背景画像・背景動画上に文字や画像ボタンを設置でき、ラージフォトスタイルで、メッセージを伝えたり、目的のページに遷移させることもできる。また、ページ内のアンカーリンクが固定ナビゲーションになり、ペライチタイプのWebページのナビゲーションとして活用できる。

 フラットデザイン対応の新しいユニットとして、画面幅100%での表示を活用するための高機能ユニット“カスタムユニット”や、画面幅100%対応のスライドショー“スライドショーユニット”、素材管理機能と連動したフォトギャラリー“フォトギャラリーユニット”が追加された。

 ユーザビリティの向上が図られているほか、jQuery化を図り、システムの安定性を向上させるための改良が行なわれている。また、新しい拡張ユニットとして、パネルスタイルの“お知らせ一覧ユニット”と、拡張機能の“背景画像スクロールユニット”“リンクテキストボタンユニット”“画像ボタンユニット”が無償配布される。


出荷日・発売日 −−−
価格 3万8000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CMS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CMS」関連情報をランダムに表示しています。

「CMS」関連の製品

CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】 Webサイト構築プラットフォーム「RCMS」 【ディバータ】 CMS「NOREN」 【のれん】 Webコミュニケーションプラットフォーム Sitecore on Cloud 【ソフトバンク・テクノロジー】 予測不可能な未来にも適用できるデジタルマーケティング基盤のつくり方 【のれん】
CMS CMS CMS CMS CMS
効率的なウェブサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。 豊富な標準機能が強みの国産CMS。コーポレート、求人、情報配信、EC・ポータルなど、多岐に渡るサイトの構築・運用管理を得意とし、2000社以上への導入実績がある。 複雑な組織構造や承認フローなど、関係者が多い国内企業特有のWebサイト運用を支えるCMS。Web担当者が戦略立案と実行に注力できる効率的なWebサイト運用を実現。 多機能なCMS基盤にマーケティング機能(アクセス解析、A/Bテスト、ターゲティング)を備えたWebプラットフォーム。安定したインフラ基盤と運用監視サービスも併せて提供。 予測不可能な未来にも適用できるデジタルマーケティング基盤のつくり方

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057787


IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ