RNS、タブレットを利用した修学旅行向け学習支援サービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


RNS、タブレットを利用した修学旅行向け学習支援サービスを開始


掲載日:2014/09/19


News

 株式会社琉球ネットワークサービス(RNS)は、修学旅行を支援するICTサービス「シーサーくん」を2014年秋にリリースする。

 「シーサーくん」では、旅行前は、専用の学習サイトが用意され、自然や歴史などのテーマ別に事前学習できる。学習/見学ポイントを設定し、旅行行動計画の作成や、コース設定を行なえる。先生用の管理画面が用意され、学習の進捗や旅行行動計画を確認できる。

 現地行動では、GPS(Global Positioning System)機能付タブレットを利用して現地での学習を支援する。地図ナビゲーションで現在地/目的地を確認できる。学習スポットに近づくと、クイズ形式の問題“ミッション”が表示され、課題をクリアすることでポイントが得られる。ほかの班の“ミッション”の獲得ポイントや全体ランキングが表示され、競って学習に取り組める。

 AR(拡張現実)機能などと連動した写真撮影も行なえる。撮影した写真はサーバーに蓄積され、旅行後に専用サイトで閲覧/保存できる。現地での様子や写真などを、学校のWebサイトなどを通して生徒の家族が見ることもできる。

 沖縄県の観光危機管理情報を配信するスマートフォンアプリが搭載されていて、災害発生時には避難情報が一斉発信され、避難所マップの位置情報がアプリ地図上に表示される。先生用には集合管理に利用できるメッセージ発信機能が提供されるほか、班やほかの先生の所在地をアプリ地図上で確認できる。

 帰着後は、レポート作成機能を利用して現地での学習結果や感想、撮影した写真、学習ポイントなどが半自動的に生成され、ふりかえり学習をスムーズに行なえる。要望に応じて、タブレットで撮影した写真/動画などを、DVDにまとめて別途提供することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】 通販ソリューション 【日立システムズ】 食品業向け販売・製造管理システム Sky-Mart 【東計電算】 REACH対応含有化学物質管理ソリューション ProChemist 【NEC】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。 通販バックヤードシステムを中心に、ECサイト、コールセンター、マーケティングツールなど、通販業務機能をオールインワンで提供。単品通販向け機能が豊富。 受注・売上・発注・仕入・製造・在庫・債権・債務・売掛・買掛を1システムで統合管理できる、食品業向け販売・製造管理システム。 REACH、RoHSなど各種環境法規に対応した情報管理ソリューション。
化学物質やSVHCに関する情報の統合管理、JAMP情報流通基盤への接続、含有量の自動計算などの機能を網羅。
販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057775


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ