コイニー、アクセンチュアのパートナーとして参画

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コイニー、アクセンチュアのパートナーとして参画


掲載日:2014/09/17


News

 コイニー株式会社は、アクセンチュア株式会社が受託した、復興庁の“新しい東北”先導モデル事業の“スマートフォン等でのカード決済の導入を通じた地域経済の活性化プロジェクト”へパートナー企業として参画すると発表した。

 同プロジェクトでは、スマートフォンやタブレット端末を使ったカード決済ができる仕組みを活用した実証実験を開始するという。実証実験は、スマートシティ推進協議会を設立してICTを活用した地域づくりに意欲的に取り組むなど、情報通信技術との親和性が高い会津若松市にて、事業者側の初期費用を抑えてカード決済環境の整備を促進するとともに、旅行者(消費者)に多様な決済手段を提供し、旅行消費額の増加を図ることを目的に行なわれると述べている。

 コイニーでは、東北地方の復興にとって重要な観光において経済効果を波及させるためには、旅行者へ利便性に優れた環境を提供することが求められるとし、特に2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックへ向けて見込まれる外国人旅行客の増加に対して、クレジットカードの対応が求められていると述べている。今回の実証実験において旅行者へ多様な決済手段を提供し、旅行消費額の増加などといった効果を確認することができれば、クレジットカード決済サービスの普及が促進されることが考えられとして、スマートフォンやタブレットを使ったクレジットカード決済サービス「Coiney」の導入を通し、東北地方の地域活性化を支援するという。

 実証実験は、9月21日から23日に福島県・会津若松市の鶴ヶ城で開催されるイベント「會津十楽」(主催:サムライシティプロジェクト実行委員会)を皮切りに開始し、イベントに出展する全27店舗へ「Coiney」を導入すると述べている。

 9月24日には、会津若松市内の事業者を対象とした導入支援セミナーを実施して、その後も同エリアで複数のセミナーを実施する予定となっており、年内に「Coiney」を会津若松市内の100店舗以上に導入することを目指すという。それにともない10月より半年間に渡って通常営業時での実証実験も開始し、「Coiney」導入前後で消費額の変動などの効果検証をアクセンチュアとともに行なう。また、今回の実証実験における「Coiney」を利用して得た収益の一部を会津若松市の地域活性化のために還元していくと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS データセンター運用 バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057711



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ